マイナポータル利用に必要なものとは

2017年1月、マイナポータルのオンライン公開が始まる。「何が出来るのか?」

内閣府は、2017年1月から始まる「マイナポータル」の具体的な内容を発表しました。

マイナポータルとは、マイナンバー制度の一環で、インターネット上のホームページのことです。
すべての国民一人ひとりに専用のマイページを設けます。

マイページにスマートフォンやパソコンからログインすることで、
さまざまな「公共手続き」や「生活に則した情報の発信」などを利用できるシステムです。

将来マイナポータルで出来ること(予定)
子育て
  • 予防接種の時期・実施会場などの情報配信
  • 児童手当の「現況届」の提出(手続き)
  • 保育所の入所手続き
  • 保育所の空き情報
医療 健康情報の発信、健康診断の結果蓄積など
防災 被災者の安全・安否確認、災害用伝言板サービス
就労支援 ハローワークで行う就活・セミナー情報発信、手続きなど
年金 保険料の免除申請、定期便の内容確認

ただし、マイナポータルを利用するには「ログインに電子申請が必要」なため、個人番号カードを作っておく必要があります。

 

マイナポータルの利用には、「個人番号カード」と「ICカードリーダー」が必要

マイナンバー通知書の裏面
マイナンバー通知書の裏面

2017年1月から始まるマイナポータルでは、さまざまな利用方法が検討されています。

しかし、2015年12月に送られてきた「通知カード」だけでは使えません。
個人番号カードを作る必要があります。

さらに、電子証明書の発行も申請しなければいけません。
※電子証明書の発行書は、個人番号カードの申請書の裏面に記載されています。
レ点をすると、電子証明書が発行できません

 

個人番号カードを作る3つの申請方法

マイナンバー個人番号カード交付申請のご案内
詳しい個人番号カードの交付申請方法は、通知書に同封されている案内に書かれている

個人番号カードを作る為の手続き方法は3つありますが、
マイナポータルを利用するためには、”電子証明書を受ける”にしてください。

  1. 「個人番号カード交付申請書」に写真を貼り郵送する
    通知カードの台紙に付いています。
  2. スマートフォンや携帯、パソコンでweb申請
    通知カードにあるQRコードを読み込むことで、専用ホームページに移動できます。
    (写メで顔写真を送る事ができます。)
  3. 自動写真機で申請
    ※web申請が利用できる写真機に限定されています。

関連記事:マイナンバーQ&A 個人番号カードの申請方法(手順)は?

 

ICカードリーダーは基本的に「個人負担で各自購入」

内閣府が管理するホームページ「マイナンバー社会保障・税番号制度」には、ICカードリーダーについてこのように書かれています。

  • パソコンからのログインにはICカードリーダーが必要です。
  • (ICカードリーダーの)購入費用は利用者に負担いただくことを想定しています。
  • スマートフォンやタブレットからのログイン方法は検討中。(2015年9月時点)

参照:マイナンバー社会保障・税番号制度
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/faq/faq6.html

マイナポータルにログインするためには、個人番号カードに付けられる「ICチップ」を読み込める環境(パソコン)を用意する必要があります。
※e-Tax(国税電子申請)なども同様。

 

マイナポータルの電子申請は2018年からの予定

いずれも電子申請が利用できるのは、2018年からになるとのことです。
その頃には、数多くの申請や情報発信が予定されています。

マイナポータルは行政手続や情報確認など、さまざまな特典が期待できます。

準備期間は約2年間あります。
これから「個人番号カードの作成」と、「ICカードリーダーの購入」をオススメします。

ICカードリーダーは、付属品として2000円~3000円で売られていますので、今から準備するといいかもしれません。

また、ノートパソコンにはICカードリーダーが付いている機種もありますので、
これから購入を検討している方は、一度確認してもいいかもしれません。