楽天モバイルでDesire626を購入してみたタイトル

得する情報.com編集部は、さまざまなネット体験をご紹介しています。
今回は、楽天モバイルの通話付きプランを、SIMフリースマートフォン「Desire626」の同時購入で申し込んでみました。

申込から自宅に届くまでは、簡単に書くと下記のような流れです。

楽天モバイルの申し込みから届くまでの流れ

  1. 楽天モバイルへの申し込み(楽天IDがあれば約5分
    (新規登録なら住所などの入力が必要なため10分程度)
  2. 通話付きSIMプランは、本人確認のための身分証明書データをメール送信(写真のデータがあれば、1分程度で終了
    ※データSIMプランの方は、不要です。
  3. 楽天側は、証明書を確認した2日後に配送手続きに入りました。(楽天モバイルは審査がありません。カスタマーに確認済み)
  4. 楽天モバイルが配送手続きをした、4日後に自宅に届きました。(申し込み手続きから5日間)

楽天モバイルがヤマト運輸に渡したのが、申し込みから2日後(祝日明け)ということで早いほうかと思われます。

年末でも3日後には手に入りました。

申し込み22日→受け取り26日(祝日が1日あり)
申し込み22日→受け取り26日(祝日が1日あり)
スポンサーリンク

楽天モバイルの申し込み準備

楽天モバイルの申込場所は、インターネットか店舗が選べます。

現時点では楽天SIM取扱店は全国に182店舗あります。(2017年12月4日現在)

しかし、近くに店舗がなくてもインターネット経由で申し込めます。

北海道10店舗、青森1店舗、秋田1店舗、岩手1店舗、山形1店舗、宮城4店舗、福島1店舗、栃木2店舗、茨城2店舗、埼玉17店舗、千葉8店舗、東京30店舗、神奈川14店舗、新潟3店舗、群馬3店舗、山梨1店舗、富山1店舗、長野1店舗、静岡6店舗、石川2店舗、福井1店舗、岐阜2店舗、愛知12店舗、滋賀2店舗、三重3店舗、京都3店舗、兵庫10店舗、大阪13店舗、奈良3店舗、和歌山1店舗、広島5店舗、岡山3店舗、愛媛1店舗、香川1店舗、徳島1店舗、福岡3店舗、長崎2店舗、熊本2店舗、大分1店舗、宮崎1店舗、鹿児島1店舗、沖縄3店舗

※エディオン、イオンモールなどの店舗内支店も含む楽天SIM取扱店一覧

店舗なし:島根、鳥取、高知、山口、佐賀

参照:楽天モバイル公式サイトより

ここでは、インターネット経由でお得な申し込み手順をご紹介します。

まずは申し込む前に、下記4つの準備をおすすめします。
スムーズにお得な買い物をするためにも、一読しましょう。

 

準備その1:楽天モバイルのホームページでキャンペーンをチェック

楽天モバイルで利用した半額キャンペーン

まずは、楽天モバイルのホームページに移動しましょう。
楽天モバイルへ

その時に注意したいのが、キャンペーンの有り無しです。

楽天モバイルは、頻繁にキャンペーンを行っていることが多いです。
急いでない限り、安い時期を見極めたほうがお得かもしれません。

スーパーホーダイという、ポイントバック付きプランも登場しています。(2017年10月)

関連記事:【スーパーホーダイ】何年契約が一番お得?支払い総額+ポイントバックで計算してみた

例えば私が申し込んだときは、SIMフリースマートフォンの半額セール中で同時購入がお得でした。

キャンペーン特価 通常価格
honor6 Plus(Huawei) 22,900円 45,800円
Xperia J1 Compact 27,400円 54,800円
Desire 626(HTC) 13,900円 27,800円
Liquid Z330 6,000円 12,000円

おさいふケータイ対応のXperia J1 Compactも考えましたが、半額でも高かったので購入しませんでした。

以前は、「事務手数料3000円が無料になるキャンペーン」もあったようです。

 

準備その2:デビットカードかクレジットカードを準備
(2017年12月修正)

楽天モバイルの月額基本料金は、デビットカードで支払いが可能です。

楽天モバイル支払い方法

デビットカードで支払うならクレジットカードは不要です。

スマートフォンの同時購入は、一括払いなら本人名義の「デビットカード」「各種クレジットカード」が使用できます。

VISA / Master / JCB / American Express / Diners Club

しかし、端末の分割払いは「楽天カード」「VISAカード」「Masterカード」のみしか選択できません。

クレジットカード分割払いの注意点
画像:クレジットカード/デビットカードでのお支払い 楽天モバイルより

また、分割手数料「無料」は楽天カードのみです。

 

準備その3:スマートフォンのデビット払いは、購入代金を事前に入金

楽天モバイルの端末代金は即時引き落とし

楽天モバイルでは、スマートフォンの同時購入を一括払いにした場合、申し込みと同時に支払いが必要です。

先生汗

私は、一回ミスって残高不足のため、後日申し込みをしました。(入力の2度手間)

デビットカード払いの人は、表示されている端末費用を銀行口座に入れておいてください。

楽天デビットの引き落とし画像
楽天ポイントで一部(全額も)支払うことができます。

また、デビットカードのセキュリティ設定(利用停止)を忘れずに解除しておいてください。(申込できませんでした)

楽天銀行のセキュリティー設定画面

クレジットカード払いの人は、支払い枠が残っていることをお確かめください。
※支払いに使えるクレジットカードは、下記5種類のブランドだけです。

  • 楽天カード
  • VISA
  • JCB
  • MASTER
  • AMEX

事務手数料:初月支払いの時にまとめて請求

楽天モバイルでは、事務手数料が3000円必要ですが、申込時に払う必要がありません。(引き落としなし)

1回目の基本料金引き落としで、まとめて請求してきます。

入金の際には忘れずに入れておきましょう。

スーパーホーダイで申し込み:初月有料

また、契約内容によって支払い金額が変わります。

chekp

スーパーホーダイは、契約した月から基本料金が発生します。(組み合わせプランは初月無料)

  • 組み合わせプラン:【契約翌月】事務手数料(+端末分割代金)のみ、【翌々月】基本料金+利用代金(+端末分割代金)
  • スーパーホーダイ:【契約翌月】事務手数料+基本料金(+端末分割代金)、【翌々月】基本料金+利用代金(+端末分割代金)
楽天モバイルの支払いスケジュール
画像:楽天モバイル:料金より

準備その4:楽天IDがない方も、事前の登録は「不要」です

楽天モバイルの楽天アカウント選択画面

楽てモバイルは、楽天ID(アカウント)と紐づける必要があります。
しかし、申し込みと同時にアカウントを作れるようになっています。

持っていない方(楽天市場を利用したことがない方)も、事前の登録は不要です。

ただし、楽天アカウントがないと「スーパーホーダイの割引特典(1年間目:基本料金1,000円割引)が受けられません。」

chekp

スーパーホーダイを申し込むなら、「楽天アカウントを事前に取得する」か、契約時に登録をしましょう。

MNPをする人は予約番号を取得

楽天モバイルMNPの注意事項

今お使いの電話番号を、楽天モバイルでも使いたい方はMNPが可能です。

MNPを利用するには、事前に今登録してある事業者で移動する手続きをする必要があります。

それが、MNP予約番号と呼ばれるものです。

 

申し込み手順

さて、ここまで準備ができていれば、あとは申し込むだけです。

申し込みにかかる時間は、先述した通り約10分~15分程度で終わります。

といっても、表示される順番に選択・入力をしていくだけです。

説明はほぼ不要かと思いますが、一通りの流れを書いていきます。

 

スマホの同時購入か・SIMカードのみか選択

楽天モバイルsim単体かスマホ同時購入か選択画面

一番初めに迷うのが、スマートフォンをどうするかです。
今お使いの他社スマートフォンを使うのであれば、SIMカードのみでも構いません。

しかし、スマートフォンを持っていない方は、基本的に同時購入がおすすめです。

なぜかといいますと、楽天モバイルで端末とSIMカードをセットで購入すると「APN設定が設定されている」からです。

※APN設定とは、アクセスポイントと呼ばれるサーバー設定のことです。

楽天モバイルDesire626のapn設定画面
これらは、受け取った時点で入力されていました(Desire626のAPN設定画面)

他社で購入した機種を使う時は、ご自身で設定する必要があります。

APN設定の詳細:APN設定方法(Android OS 端末) 楽天モバイル

SIMの形状に注意(端末の同時購入なしの場合)

楽天モバイルSIMの形状

スマートフォンの同時購入をしない方は、SIM単体でも購入することができます。
手元に、使っていないスマートフォンに使う場合、今お使いの端末で使う場合が該当します。

この場合、よくあるのが「大きさを間違えてしまう」ことです。

SIMカードには、大きさが3種類ありますので間違えないようにしましょう。

SIMの大きさ

標準SIM>nanoSIM>マイクロSIM

(標準SIMが一番大きく、マイクロSIMが一番小さい)

もしサイズを間違えた場合、受け取った後に変更するには4000円を事務手数料とは別に請求されてしまいます。

 

オプションは任意で選べる

楽天モバイルオプション選択画面

次にオプションを選びますが、必要なければ申し込む必要はありません。
私の場合、何も選択しませんでした。

ですが、必要だと思ったら契約してもいいかもしれません。

申込時に聞かれるオプション(2017年12月時点)
  • 端末補償(500円/月)
  • あんしんリモートサポート(500円/月)
  • 端末補償・あんしんリモートサポートパック(800円/月)
  • データ復旧サービス・マカフィー(R) マルチ アクセスパック(500円/月)
  • マカフィー(R) モバイル セキュリティ(300円/月)
  • 楽天モバイルWiFi by エコネクト(362円/月)
  • 楽天マンガ月額500コース by 楽天モバイル(500円/月)
  • Hulu(933円/月)
  • KKBOX(980円/月)
  • 楽天モバイル「i-フィルター for マルチデバイス」(300円/月)
  • スマート留守電(転送電話付き)(290円/月)
  • 転送電話サービス(従量課金)
  • キャッチホンサービス200円/月)
  • 国際電話サービス(従量課金)
  • アドレス帳・写真移行サービス(出張設定)
  • 国際ローミングサービス (従量課金)

※「従量課金」は、使った分だけ料金が発生するという意味です。

オプション詳細:オプション・サービス 楽天モバイルより

楽天でんわは、いつでも申し込める

楽天電話同時申し込み画面

楽天でんわは、通話が30秒10円になる独自の割引アプリです。(IPフォンでもありません)

※楽天モバイルの通話は20円/30秒

しかし、必要ないと思えば申し込む必要はありません。

アプリをダウンロードすると、あとから申し込むことができるからです。

基本料金は無料ですので、同時申し込みをしてもいいかもしれません。(お好みで)

 

申し込みは未成年でもOK

 

以前は楽天モバイルでは、年齢が満20歳以上の方でなければいけませんでした。

しかし、今は「未成年(20歳未満)」でも申し込むことができます。

chekp

ただし、未成年者が申し込むときは「厳しい条件」があります。

詳細: 20歳未満(未成年)の方の申し込み注意点 楽天モバイルより

1.「保護者」と「利用者(未成年)」の本人確認書類が必要

条件1として「保護者」と「利用者(未成年)」両方の本人確認書類を提出が必要です。

学生証は、本人確認書類になりません。

公的身分証明書が必要です・

また、「保護者の本人書類」と「利用者の本人書類」と同一の住所ではない場合は、申し込みできません。

2.「i-フィルターオプション(300円/月)」が必須

2つ目の条件としてオプション「i-フィルター for マルチデバイス」を契約しないといけません。

月額:300円(税別)

また、i-フィルターが使えない端末があるようです。

VAIO Phone Biz、AQUOSケータイSH-N01、Aterm MR05LN、E5577(2017年6月20日時点)

i-フィルターが使えない機種を使う予定の未成年者は、契約できないようです。

楽天モバイルのパスワード設定は、記号+数字の8文字

楽天モバイルのパスワード

楽天モバイルの契約では、パスワード設定をする必要があります。(楽天アカウントのパスワードとは違います

下記2つの利用に必要なパスワードです。

  • メンバーサイトへのログイン(プランや支払い方法の変更などができる楽天モバイル用パスワード)
  • 楽天アプリへのログイン(楽天系列のアプリを使う際のログインに必要です)

数字だけでも、アルファベット文字だけでは登録できません。
@などの記号+文字数字(アルファベット)を入力しましょう。(忘れないようにしましょう)

楽天IDでもログインは可能

楽天モバイルのメンバーサイト(メンバーズステーション)にログインする方法は、2つあります。

  1. 契約時に設定するパスワードを使う。(先ほどの設定)
  2. 契約時に利用した「楽天ID+パスワード」

「楽天ID+パスワード」でログインするには、「契約前に登録」か「契約時点で申し込み」が必要です。

chekp

「パスワードを忘れそうな方」は、楽天IDも申し込みましょう。

申込完了~本人確認書類提出まで

楽天モバイルの申込完了画面

ここまでくると、あと少しで手続きが完了します。
この後は、通話付きプランの人は身分証明書をアップロードする必要があります。

※データSIMプランの方は、提出する必要はありません。

 

身分証明書は表面と裏面の写メを専用URLから送信

楽天モバイルの本人確認書類提出メール

楽天モバイルへの申し込みが完了すると、
8~10分後に「<楽天モバイル> 本人確認書類ご提出のお願い」という題名のメールが届きます。(上画像)

このメールに、ログインIDとパスワードが記載されていますので、こちらで写メデータのアップロードを行う必要があります。
※スキャナーで取り込んだり、デジカメで撮影しても構いません。(画像データにできる方法なら何でもOKです)

楽天モバイルの本人確認書類提出のログイン画面

本人確認書類は、表と裏の画像データが必要

本人確認書類(裏と表)のアップロード画面

画像データをアップロードする場合、裏面も必要になりますのでご注意ください。

表側の写真だけでは送ることができません。(空欄・白地でもデータが必要です。)

ここまで終われば、あとは楽天モバイル側の配送手続きに入りますので、これ以上は待つだけです。
ご苦労さまでした。m(_ _)m

楽天モバイル本人確認書類完了メール

申し込み後の手続き状況は、案内ページで見れます

楽天モバイルの手続き状況

楽天モバイルでは申し込みが完了すると、「楽天モバイルお申し込み状況ご確認ページのご案内」というメールが来ます。
このメールには、進歩状況を示す画像が4つあります。

  1. お申し込み受付中(真っ黒状態)
  2. 本人確認(提出し、楽天側の確認が終わると黒く塗りつぶされる)
  3. 出荷手配中(出荷が終わると黒くなる)
  4. 配送中

手続き状況は、このページで確認するといいかと思います。

 

配送手続きが完了すると、最後のメールが通知される

楽天モバイルの配送完了通知

最後のメール「商品発送手配完了のご連絡」には、ヤマト運輸のお問合せ伝票の「番号」と「URL」が記載されています。
クロネコヤマトの宅急便ですので、配達はスムーズにいくと思われます。

また、出荷状況次第では、受け取り時間を指定することもできるはずです。(ヤマト運輸に交渉)
もし、受け取れそうにない場合は電話してもいいかもしれません。

yamatounyu-haitatudenpyou

以上で、楽天モバイルの申し込みから、受け取りまでの流れと注意点を説明いたしました。

おわり

楽天モバイルの体験談

先生笑

私(筆者)は、楽天モバイルを契約しています。

スマホ使

実際に使ってみた感想を踏まえて、解説していきますね。

chekp

これから選ぶ人だけでなく、いま契約している方にも、
お得な情報をお届けしていきます。

先生笑

随時追加していきますので、たまに見に来てくださいね。

楽天モバイルの申し込みから届くまでの流れ

楽天モバイルの申し込みから届くまでの流れ

  1. 楽天モバイルへの申し込み(楽天IDがあれば約5分
    (新規登録なら住所などの入力が必要なため10分程度)
  2. 通話付きSIMプランは、本人確認のための身分証明書データをメール送信(写真のデータがあれば、1分程度で終了
    ※データSIMプランの方は、不要です。
  3. 楽天側は、証明書を確認した2日後に配送手続きに入りました。(楽天モバイルは審査がありません。カスタマーに確認済み)
  4. 楽天モバイルが配送手続きをした、4日後に自宅に届きました。(申し込み手続きから5日間)

格安スマホDesire626を購入してみた 申し込み手順と注意事項は?より

chekp

このような内容もありますので、チェックしてみてください。