香港のマイナンバーと顔認証

2015年10月、マイナンバー制度の通知が行われるのはご存知でしょうか?

マイナンバーとは、
国民一人ひとりに固有の識別番号を振り当てる制度です。

この制度では、様々な情報を結び付けます。

  • 住民票
  • 税金の届出
  • 金融口座との連動
  • 医療保険の利用内容
  • 医療機関からの処方箋
マイナンバーの目的
行政手続きの簡素化正確な税金の徴収調査などが目的ですが、
他にも様々な役割を持たせる取り組みを検討しています。
関連記事:マイナンバー制度導入目前!国民全員が事前に知るべき4つの注意点


スポンサーリンク


スポンサーリンク

海外では、マイナンバー制度がすでに導入されています

世界地図

海外諸国では、一足先に導入している国もたくさんあります。
アメリカや韓国なども、すでに導入されています。

特に最先端のマイナンバー制度として話題になっているのが、
香港の高速道路における顔認証です。

香港では、最先端の高速道路の料金所では、ゲートを開く際に顔認証を導入し、スピードアップを実現したとの事です。

その際に使われたのが、日本のマイナンバーと似た制度である住民IDカードです。

住民カードと車のナンバーを紐付けし、顔認証する事でゲートを開く仕組みを開発したとのことです。

日本企業であるNECがその装置を開発したという事ですので、
日本版のマイナンバーでも使われる可能性はあるかもしれません。





すでに多くの企業が利用している顔認証

国内外の企業では、顔認証を使って社員の入社管理に利用しているケースもあります。

金融会社では、金庫の入退室管理も行っていることもあるようです。

判定精度は99.9%、警察の捜査・犯人特定でも実用化

画像認証は、高精度で判別されるようです。
※めがねやマスクなど、アクセサリーを着用しない場合

防犯カメラなどの画像、動画があれば高確率で判別されるという事で、
さまざまな科学捜査に使われています。

今後は、あらゆる所で使われる可能性が秘められています。

マイナンバー制度に関する記事まとめ