apnロックが厳しいとの声タイトル

5月に行われたSIMロック解除の義務化をご存知でしょうか?
参照:2015年以降二年縛り・simロックに規制と発表

しかし、「他社で使うには、SIMロック解除だけでは不十分だ!」という指摘の声も多数寄せられました。

なぜならSIMロックを解除しても、
一部機能が停止されてしまうからです。

SIMロック解除端末を他社で使えても、
不便になる可能性を知っておく必要があります。

昔から有名な機能制限は、ドコモのスマートフォンです。
他社のSIMを入れると、
「テザリング機能が使えなくなる。」という意見が以前から出ていました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

SIMロックを解除しても、機能が使えないのはどうして?

SIMというのは、通信・通話の情報を認識するカードです。
他者の電話番号と認識すると、
データ情報の発信・着信をできなくするように制限します。

SIMロック解除とは、他社の電話番号でも使える設定にするという事です。
機種の機能を制限する鍵は、SIMではないのです。

機能はAPNが制限しているのです。

APNって何?

APNとは、アクセスポイントネームの略です。
APNの役割は、端末とインターネットを繋げる役目があります。

端末→プロバイダサーバー(APN認証)→インターネットに接続

スマートフォンに限らず、大抵のインターネットプロバイダでは、
このAPNの認証サーバーを経由する前提になっています。

スマートフォンでも、プロバイダ用のルーターでも、
他社で使う場合、APN設定を変更する必要があるのはこのためです。





たとえ、SIMロック解除やAPN変更をしなくても、機能制限に

携帯キャリア三社のスマートフォンや携帯端末は、
一定期間ネットに繋がない状態が続くと、APN認証が出来ず機能が制限される事があります。

ネットワーク制限をoFFにした状態で時間が経つと、
使えなくなった経験があります。

画面には、「指定のネットワーク接続を行ってください」と出ます。

このように、SIMロック解除をすると、
機能制限も考えなくてはいけません。

便利なようで、不便になることも想定する事が大切です。

スマートフォンのsimロック解除 関連記事