毎年、ノロウイルスによる
集団感染が後を絶ちません。

ノロウイルスは、
感染力が非常に高いウイルスです。

ノロウイルスの予防と対策をしっかり身につけましょう。

家庭で料理をする主婦の方や調理に携わる方は必見です。

ノロウイルス

ノロウイルスとは?

食中毒や感染性胃腸炎を引き起こすウイルスです。

ノロウイルスの特徴
  • 食べ物や飛沫(ツバや唾液)から感染
  • 微量(百個以下)のウイルスでも胃腸炎に感染
  • 腹痛から嘔吐や下痢の症状
  • 効果的な治療方法はありません

ノロウイルスに感染した時の治療法は?

こまめに水分と栄養を取り、
ゆっくり休むしかありません。

※もちろん病院にも行きましょう。

健康的な大人なら深刻にならない場合もありますが、
お年寄りや小さなお子さんの場合には、
重症化する危険性があり大変危険です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ノロウイルスの主な感染経路

食べ物からの感染が一番多いので注意!

特に牡蠣などの二枚貝は注意が必要です。

※これは大腸菌O157にも言われています。

二枚貝は、十分に加熱調理をしましょう。

ノロウイルスが食べ物に付着する原因
  • ノロウイルスに感染している人が調理をする
  • 会話などによる人の唾液による飛沫感染
  • 消毒が不十分な井戸水や簡易水道の利用
  • ノロウイルスに感染した人の嘔吐物やふん便
  • 唾液などからの二次感染

ご家族が感染した場合には、

徹底した予防対策をする必要があります。

手洗い

では一体どうすれば良いのでしょうか?

効果的な予防方法

これを徹底しましょう。

  • 効果的な手洗い
  • 調理器具や衣類はしっかり消毒
  • ウイルスを死滅させる加熱処理
  • 下痢や嘔吐をした人は食品を扱わない

これは他のウイルス性大腸菌も同じです。


スポンサーリンク



効果的な手洗い方法

石鹸やハンドソープを必ず使いましょう。

  1. 10秒間のもみ洗い。
  2. 15秒間の流水でのすすぎ

これを2回以上行います。

2回手を洗う事で、

ウイルスが1/1000以下になります。

手洗いも非常に大切です
  • 爪を短く切る
  • 指輪は必ずはず
  • 手を洗った後、アルコールで消毒する

調理器具や衣類はしっかり消毒

消毒には
「次亜塩素酸ナトリウム」が最適です。
次亜塩素酸ナトリウムとは?
食器用の塩素系漂白剤に入っています。

お風呂用の洗剤やプールの消毒にも、
使われている薬品です。

これを使って食器やフキン、

エプロンをこまめに消毒・殺菌しましょう。

※次亜塩素酸ナトリウムの調製方法の動画です。

しっかりご覧頂き、正しく使うことをオススメします。

ウイルスを死滅させる加熱処理

ウイルスは熱に弱い性質があります。

ノロウイルスが死滅する加熱物の中心温度
  • 1分間以上85℃以上で加熱
  • 10分間以上60℃以上で加熱
  • 30分間以上50℃以上で加熱

たとえ加熱処理をしても

その後ウイルスが付着すると意味がありません。

処理後も徹底した管理を怠らないように注意しましょう。

もし家庭内で感染者がでたら?

二次感染が一番多いので、

ご家族は常に気をつけるべきです。

人の唾液からも感染します。

接する際には必ずマスクを着用し、

トイレやお風呂場などは、しっかり消毒をしましょう。

汚物や嘔吐物を処理する場合
医療用のビニール手袋・エプロンをする必要があります。

汚物はしっかりとビニール袋で密閉する必要があります。

使い捨ての医療用ビニール手袋は

薬局に行くと100枚単位で安く売っています。

エプロンを洗う際には、

一度次亜塩素酸ナトリウムで10分間漬け置きすると

二次感染の予防になります。

いかがでしたか?

これらを参考にして、

ノロウイルスの予防と対策をしっかりやって行きましょう。