windows10予約画面
windows10が無料になるのは、
「2015年7月29日から1ヶ月間限定。」と正式発表がありました。

下記バージョンのウインドウズをお使いの方は、
タスクバーに予約ボタン(Get Windows 10 アプリ)windowsタスクバーが表示されていませんか?

対象のwindows
  • Windows 7 Service Pack 1(SP1)
  • Windows 8.1 Update
  • Windows Phone 8.1

(8.1は無料で配布中)

予約すると、7月29日に自動的にダウンロードされます。
あとは、あなたが好きな時間にアップグレードできるようになります。(時間指定も可能)

筆者はウインドウズ7(おそらくsp1)を使っていますが、
タスクバーに予約が表示されています。

しかし、何も考えずに「10へアップグレードをしてはいけない」のをご存知でしょうか?

なぜなら、新しいOSには不具合がある可能性が高いからです。
しかも、今回は無償版ですので、テスターとしての「配布」という意味があります。

そのため、たとえ不具合があってパソコンが使えなくなっても、
損害補償をしても、サポートされることはほぼありえません。

しかも、ウインドウズ10を使うには、
8.1にしなくてはいけないのを忘れてはいけません。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

windows10への無料アップグレードするための条件

appugure-doyoyakukanryou

  1. 対応しているデバイス(OS)に、アップグレードする
  2. インターネットに接続していること
  3. 最低限のシステム要件を満たしていること
  4. windows10の予約をすること

予約前にお使いのOSが対応しているかをチェック

  • Windows 7 Enterpriseの場合、SPにアップグレードをすること
  • Windows 8/8.1 Enterpriseの場合、Windows 8.1 Updateにする
  • Windows RT/RT 8.1の場合も、Windows 8.1 Updateが必要

パソコンの必要スペックを満たしているかをチェック

もしパソコンのスペックが足りないと、ダウンロードできても使うことが出来ません。(インストールできない)
しかも、元に戻せても、大切なデータが消失する恐れもあります。

  • プロセッサ: 1 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサまたは SoC
  • メモリ: 32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB
  • ハード ディスクの空き領域: 32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 20 GB
  • グラフィックス カード: DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
  • ディスプレイ (画面解像度): 1,024 x 600

引用:Windows 10 の仕様 – マイクロソフト
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications





安易なアップグレードをしてはいけない理由

最新のwindows10が無料で使える。
そんな夢のような話ですが、デメリットも考えましょう。

お使いのソフトが10への互換性に対応しているかどうかは、要確認

大きな問題が、ひとつあります。
それは、今使っているアプリケーション(ソフト)が、ウインドウズ10に対応しているかどうかです。

※Upgrade Advisorでも確認は可能ですが、確実ではありません。

無料のソフトであれ、有料のソフトであれ、
対応していないと使えないわけですので、慎重にしなくてはいけません。

もし、元に戻したくても、時間や手間がかかりますので注意が必要です。
このことだけは、頭の片隅に入れて置いてください。

windows10 関連記事