セブンイレブンが電力会社を変更タイトル

2016年から一般家庭への電力販売自由化がスタートします。

現在、経済産業省は電気事業者の募集をしていますが、数多くの企業が名乗りを上げています。
主に太陽光発電を利用した中規模発電が主流のようです。

2015年現在は、企業に販売する電力だけが自由化されています。
現在の電力会社各社も値下げを始めています。

その為、2016年に始まる一般家庭へ自由化も、価格競争は激しくなりそうです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

近畿セブンイレブンが関西電力から東京電力に契約変更

セブンイレブン電気代節約

大手コンビニチェーンのセブンイレブンは、
約2200店の電力を東京電力から買う契約に切り替えました。

24時間営業のコンビニでは、昼夜問わず大量の電気を使います。
コストが安い電力会社が出てくれば、乗り換える事は当たり前かもしれません。

今回の契約変更で2億円程度の電気代を削減できるそうです。

一般家庭では想像も付きませんね。





電力販売自由化後は、県を越えて契約できる

日本全国から電気をお取り寄せできる

今回のセブンイレブンのように、
近畿地方にある店舗でも東京電力のような「遠い場所」からも電気を買う事ができます。

これは、私たちも同じです。
一般家庭への電力小売自由化後は、他の県の電気事業者と契約出来るようになります。

遠くから電気を送ると、コストが高くなる?

遠くからの送電は高い?

ですが、覚えて置いていただきたいのが、送電にかかるコストです。
遠方になればなるほど、電気は「電線の抵抗(力)」で徐々に消耗していきます。

安いからといっても、遠くになると電気が減っていきます。
※もしかすると、逆に高くなる可能性も出てくるという事です。

あなたはどうする?今後電力会社は変えるべき?

これからの電気自由化に注目

小売自由化後は、たくさんの事業者が出てくると予想されます。
ですが、電力選びに不安に思う方も多いようです。

  • 切り替え手続きは簡単に済ます事が出るのか?
  • 停電はないのか?
  • 安心して使えるのか?

など、多くの不安があるのかもしれません。

得する情報.comでは、今後も電力販売自由化の情報を細やかにご紹介していきます。

電力小売自由化に関する得する情報