水分補給と健康・ダイエットの関係タイトル水分補給をこまめにする、
水ダイエットが一時期ブームになりました。

あれは意外と理にかなっているダイエット方法です。

水分を多く取ると、血液中の水分が多くなり汗をかきます。
新陳代謝が促され、汗や尿として老廃物を体の外に出してくれます。

インフルエンザや風邪の時も水分を多く取り、
しっかりと汗をかくことで、熱を下げることが出来ます。

特に風邪やインフルエンザは、知らないうちに水分を消費しています。
のどがガラガラの時も水分が足りない証拠です。
こまめに水分補給を行いましょう。

他にもさまざまな役割がありますので見ていきましょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

水分を多く取る様々なメリット

水分補給とダイエットの関係

水はいくら飲んでも太る事はない

→糖分や果汁を含まないミネラルウォーターやお茶は、
どんなにとっても太る原因にはなりません。

胃が膨れる

→満腹度が得られると食べなくても平気になります。
食べ物がない時代は水をたくさん飲んで飢えを凌いだとも言われています。

消化や吸収を防ぐことが出来る

食べた物の含まれる脂肪は水に溶けにくい性質があります。
吸収する前に押し出してくれます。

逆にビタミンなどの必要な栄養は、
水溶性の栄養が多く、水に溶けて吸収されやすくなります。





水分補給の健康に関するメリット

水分補給と健康の関係

便が柔らかくなる

→ダイエットをすると、便秘になる人が多くなります。
食べる量を減らしたというのもありますが、
食物繊維が足りない事もあります。

水分を多く取れば、便は柔らかくなり、
体外へ排出できるようになります。

便秘の人はお試しください。

また、尿も多くなるので、
体内の不要な物も排出しやすくなり、
清浄化してくれますので水分はとても大切です。

血液中の水分が増える

→血液が薄まる事で、余分なコレステロールがたまりにくく
動脈硬化などの減少が期待できます。

その他にも、汗が出やすくなるので、
汗と一緒に不純物を出したり、
新陳代謝を活発にする事ができます。

新陳代謝が良くなれば、

消費されるエネルギーも増えますので、ダイエット効果が期待できます。

水分を多く取ことは手軽にできますので、
他の方法と併用して行う事ができます。

現在進行中のダイエットに、
水ダイエットを付け加えてみてはいかがでしょうか?

ただし、闇雲に取れば良いというわけではありません。

水分の取りすぎは水毒の危険性があり

水分補給のやりすぎによるデメリット

水毒とは、水分を体外に排出できないほどの取った時に現れる症状です。
体内の水分が過剰になり、血圧の上昇や体のむくみが出てきます。

大人が一日に排出できる水分量は、2リットル~2.5リットルです。

  • 夏の汗をかく時期は多めに2.5リットル
  • 冬場は、汗をかきませんので2リットル程度

水分は食事でも取れています

2リットル~2.5リットルをすべて飲料水で取る必要はありません。

3食しっかり取っている方は、1リットル~1.3リットルを飲料水でカバーすれば十分です。

飲料水で水分補給をする時も、一度に取るのではなく、
朝昼晩で3:3:3など、小分けしてちょくちょく飲みましょう。

そうすることで、
体内水分の排出量を自然な状態にすることができ、体に負担をかけません。