発熱と発疹の原因と病名

暑い夏になると、体調不良になりやすくなります。

乳幼児のお子さんがいらっしゃるご家庭では、
突然の発熱で驚く事もあるかもしれません。

特に夏風邪と呼ばれる
「手足口病」や「ヘルパンギーナ」には要注意です。

手足口病・ヘルパンギーナは、38~39℃の高熱が出る為注意が必要です。
その他にも、発疹が出来てきますので、かゆくて仕方がありません。

特に乳幼児~小学校低学年に多いとの事です。
(内、9割が5歳以下の乳幼児)

ですが、大人でもかかる可能性がありますので、
ここでしっかりとおさらいをしましょう。
※子供同士で感染し、家庭に持ち込むパターンが非常に多いです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

手足口病とヘルパンギーナは感染症の一種

手足口病とヘルパンギーナのウイルスは、主に糞便の中にいます。

どちらも口から入ることで、感染し、発症します。

「おしめ」を取り替える時に、
ウイルスが付着した手で感染する事が多いので、乳幼児に多くなる傾向があります。

その他にも、下記のような感染経路があります。

  • つばやせきなどの「飛まつ感染」
  • 触れた手で口を触ったり、食べ物を掴んだ場合の「接触感染」

手足口病とヘルパンギーナの違いは、「発疹の場所」と「だるさ」

  • 手足口病の場合、発疹が文字通り全身に現れます。
  • ヘルパンギーナの場合は、口の中だけです。

その他にも、ヘルパンギーナのみ「だるさ」がありますので、すぐ分かります。
※手足口病は、発熱があるものの苦しくはありません。

手足口病とヘルパンギーナどちらも特定の治療法はなし

どちらの病気も、特効薬はなく、対処療法でゆっくり休むしかありません。
※それでもしっかりとした病院で診察を受ける必要はあります。

もしかすると他の病気も併発しているかもしれませんので、
しっかりと病院で受診をしお薬をもらいましょう。

夏の病気に関するおすすめ記事