秋になると、
ハチの行動が活発になります。

特にアシナガバチは、
前年の猛暑で巣が増えているので、
注意をしましょう。

特に紅葉狩りで山に入ったり、
観光地に出かける人はハチに刺されないようにしてください。

ハチに刺されない方法は?刺された後の治療はどうするかを漫画で説明_001

蜂群崩壊症候群という
ハチが巣から失踪する(いなくなる)現象もあるようですが、
それは異例な事です。

蜂群崩壊症候群は主に、
田畑の消毒薬が原因だといわれています。

民家にいる蜂には効果はありません。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ハチに刺されないようにするには

蜂に刺されない方法漫画で説明

有名な話ですが
  • 白っぽい服装にする
  • 香水や整髪料スプレーなど強い匂いは危険
  • 甘い匂いのする食べ物に集まる
  • 巣に近づかない

これらは当たり前ですが、
その他にも、
巣を見つけたらすぐに駆除をしてもらう
という事が一番確実です。

ハチに刺されたら痛いだけではない

蜂に刺された時の危険な症状を漫画で説明

ハチに刺されると、
患部の腫れだけでなく、
手足のしびれや
呼吸困難まで引き起こすケースがあります。

二回目は危ないといいますが、
一回目でも十分に危ないです。

特にアシナガバチ・スズメバチは猛毒を持っていますので、
一時間後には体調変化が著しく現れます。

刺されたらすぐに病院に行きましょう。

ハチに刺されたら内科or皮膚科を受診

蜂に刺されたらすぐに病院に行こうを漫画で説明

虫刺されの薬を塗るのではなく、
患部を冷やしながら
病院の皮膚科で受診しましょう。

といっても、外科内科にいっても対処してくれます。

それだけ処置は重要なのです。

外でハチに出会ったらどうする?

蜂から逃げる方法を漫画で説明_004

ハチは素早く動く物を攻撃します。
ゆっくりと後ずさりしましょう。

人や犬と一緒で横の動作には敏感です。
視界からいきなり消えるものを攻撃して撃沈しようとします。

もし攻撃を始めたら、
一斉攻撃するフェロモン信号がでますので、
一旦その場から離れましょう。

家屋の中に避難することも大切です。

ハチアナフィラキシーの可能性は検査で確認できる

アナフィラキシーの検査方法を漫画で説明

また、どうしてもハチ毒でのアレルギーが発生するかどうか、
知りたい方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時は病院で検査してもらいましょう。

保険対象外ですが、一万円はかからないようです。
〈病院による)

これから山篭りする人、
ハチに関する職業につく人、
野外でハチに刺される可能性がある方は、
アレルギー検査をすることをおすすめします。

もし、陽性が出ていれば
早めに処置することも出来ます。

一番危険なのは、
何も分からずに放置する事です。

例えアレルギー反応(アナフィラキシー症状)が、
出ても放置する人が多く、その後死亡する例が多いのです。
※ハチに刺されたらすぐ病院へ行きましょう

正しい知識を身に付ける事が大切です。