日本人のネットセキュリティー意識について漫画で説明_005

あなたは、
インターネットのセキュリティーについて、
考えたことはありますか?

実は、日本人の危機感は、他の国に比べると、
大幅に低いのはご存知でしょうか?

総務省統計の「公衆無線LANの脅威に対する理解度・対策状況について」から読み解きましょう。

総務省統計wifi利用にかかわる脅威理解度

引用:総務省|公衆無線LAN利用に関する情報セキュリティ意識調査結果
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu03_02000091.html


スポンサーリンク


スポンサーリンク

アメリカとイギリスは、国民の約7割がセキュリティ意識がある

世界上位3位のネットセキュリティー意識について漫画で説明_006

先進国のアメリカとイギリスは、
危機感を感じている国民が多いことが分かります。

普段から、インターネットの犯罪被害が多いのは、先進国ということでもあります。

その次に多いのが、6割の中国です。

中国のネット人口は6億人。そのうちの6割がセキュリティー万全

中国は、インターネット活用国でも有名です。
6億人以上が、インターネットを使っているという統計もあります。
(すごい人数ですね)

日本人のセキュリティ対策は3割以下?

日本の世帯全体では、62.6%の人がスマートフォンでインターネットをしています。
参照:日本世帯の62.6%がスマートフォン保有

日本でも、インターネットがかかわる事件が多くなりました。

  • 個人情報漏洩
  • 不正操作
  • 不正アクセス
  • アカウント乗っ取り

など。

こうした事件は、セキュリティーの甘さも、原因の一つだといわれています。

もちろん企業だけではありません。
あなたのセキュリティー意識も関係します。

大半が個人を狙ったウイルスや不法侵入が原因だからです。

もしあなたが、インターネットのセキュリティーに対する意識が薄いと感じたら、
ウイルス対策ソフトには、気を配りましょう。

ウイルス対策ソフトは、無料のものよりも、有料版が安心です

もしかすると、インターネットを契約しているプロバイダや通信会社が、
有料のウイルスソフトを、無料で提供しているかも知れません。

大抵は、3~5台分を提供している会社があります。

その場合は折角なので、
しっかりとパソコン、スマートフォンにインストールをしておきましょう。

関連
【総務省統計】無料Wi-Fi・公衆無線LANの「人気スポット」81.7%が施設設置型wifi