033149
児童手当をご存知でしょうか?
少子高齢化を抑制するために、子育て支援の一環として始まった制度です。

収入が少ないご家庭が増え、子供を育てる事が難しくなっている現在では大きな助けになります。
この制度を上手く利用する事で、生活の役に立つはずです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

対象になる子供の年齢

0歳~15歳のお子さんが対象です。
毎月月1万5千円か、1万円が支給されます。

金額は、年齢や何番目の子供なのかによっても異なります。
注意をしましょう。

所得制限

お金

これは、お金を受け取る人(子供を育てる側)の所得です。

各自治体で決まっています。
その上、受給できる金額も変わってきます。

前年度の所得に関係するので、注意をしましょう。

離婚などをした場合、手続きをしていないと後々問題になる事があります。
しっかりと確認しましょう。





所得からも控除できる

家計

社会保険料と同じ金額が控除される場合もあります。
金額が大きいため、しっかり確認をしましょう。

こういった制度は、利用しなければ損をしてしまいます。

特に、申請をしないと受ける事が出来なくなるという制度という事を頭に入れておく必要があります。

手続きは忘れずにおこないましょう。