テレホンカードをご存知ですか?
最近の若い人には、知らない人も多いようです。

公衆電話で使う事が出来るプリペイドカードの一種です。
最近では、公衆電話も見かけることが少なくなりました。

昨今は携帯やスマートフォンが当たり前の時代です。
家の固定電話を使うことも滅多にないという人が増えています。

もちろん公衆電話を使う機会もほとんどありません。
押入れの中や、タンスの引き出しにテレホンカードは眠っていませんか?

最近では、ネットオークションもあるのでプレミア価格になっているかもしれませんよ。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

テレホンカードの現状

公衆電話を利用する人は少なくなっています。
ですが、コンビニでは定価で売られているのはご存知でしょうか。

公衆電話は、駅の片隅や繁華街の道端に設置されており、まだまだ現役です。

今では売上げは少なくなりましたが、使う人はもちろんいらっしゃいます。

ですが、販売数は減少しています。
いつかは販売停止もありえるかもしれません。

公衆電話

テレホンカードの使い道

テレホンカードは金券ショップに持っていく事で買い取ってくれます。
ですが、利用者が少ないので額面の50%程の価値しかありません
状態や店舗によっては、30%以下になる事もあるようです。

それだけ、使う人が少ないようです。
処分する時には注意をしましょう。


スポンサーリンク



テレホンカードの意外な使い道

もし、自宅の電話がNTTとの契約なら、NTTの通話料金としてテレホンカードを使う事が出来ます。
直接NTTに持っていく必要がありますが、それでも定価と同じ金額で支払う事ができます。
公衆電話で使わなくても、電話をよくかける人はテレホンカードで支払うことをおすすめします。

金券ショップでは、額面の7割前後で売られています。
こういった安いテレホンカードを買い、払うことでお得にすることもできます。

お金

希少価値があるテレホンカード

最近では、個人間でやり取りできるオークションが流行しています。
それらを見ていると、たまに高額で取引されているテレホンカードが紛れ込んでいる時があります。

数量限定・アイドル関係のテレホンカードは希少性が高く。
高い評価がつけられている場合も少なくありません。

こういったテレホンカードは、結構あります。
知らない人にとっては、ただのテレホンカードでも数千円、数万円の価値がある場合があります。
こういったものを見るけるには、専用の買取業者で見積もりを取る必要があります。