windows10無料アップグレード

2015年7月29日以降、windows10がリリースされます。

公式サイトには、このように書かれています。

Windows 無償アップグレードの詳細

完全に無料です。
この期間限定のアップグレードで入手できるのは、通常版の Windows 10 です。試用版ではありません。
無料アップグレードの期間は1年間ですので、このチャンスを逃さず Windows 10 にアップグレードしましょう。
引用:Windows 10 にアップグレードする方法 – マイクロソフト
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-upgrade

windows10の無料アップグレードは正式版であるということです。
無料期間である1年間を過ぎると、有料でしか手に入らなくなります。

用件を満たしている方は、アップグレードをおすすめします。
※ただし、事前にバックアップは取っておきましょう。

パソコンショップでも、
”windows10にアップグレードをしているパソコンが主流になる”という話もありました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

マイクロソフトが、windows10専用アプリを次々に発表

win10のアプリ

windows10リリースに先立ち、マイクロソフトは、
さまざまなサービスの提供を発表しています。

  • クラウド型音楽配信サービスXbox Music(正式名称は、Grooveに変更)
  • Windows Storeに音楽購入が追加
  • windows10向けゲームのリリース

マイクロソフトによると、

windows10は、エンターテイメントや使い勝手を全面に出したパソコンにする

としています。

それにちなんだサービスリリースも準備している形です。

クラウド型音楽配信サービスGroove(旧Xbox Music)

Xbox Music(正式名称は、Groove)

今後、win10ではMicroSoft社のクラウドサービスOneDriveを中心としています。

関連記事:OneDriveとは?コスパ重視のクラウドサービス

クラウド型音楽配信サービスであるXbox MusicをOneドライブのアプリとして変更し、
Grooveとしてwindows10向けに開発を進めています。

Grooveで出来ること

クラウドサーバー(Groove)に、
あなたが作成した音楽をアップロード(保存)することができます。

保存した後は、あなた自身で聞くことも出来ますが、
他の人にも聞いてもらうことが出来ます。(一般公開・限定公開など)

YouTubeのように動画は配信できませんが、
音楽だけで公開できますので面倒なことがありません。





Windows Storeに音楽購入が追加

windows-store

windows8をお使いの方は、すでにWindows Storeをご存知かもしれません。

現時点でも、ゲームや無料ミュージックはあります。

ですが、Apple MUSICやLINE MUSICのような、音楽配信サービスは提供していません。
Apple MUSICとLINE MUSICどっちがいいの?音楽配信サービスの違いを比較してみた

windows10をリリースする7月29日に、一般リリースすると発表しています。

すでに現時点でも、アメリカのWindows Store Betaにて、公開されているようです。
※日本では未公開

windows10向けゲームの開発ソースはすでにリリース済

windows10game

マイクロソフトは、すでにwindows10のゲームアプリ開発を促しています。

第一弾は、マインクラフトを公開販売するとしています。

※マインクラフトとは、xboxシリーズで人気のゲームソフト。

windows10の必要条件は、パソコンのスペックだけじゃない

それぞれの機能・アプリは、
windows10にアップグレードしなくては使えません。

windows10にするには、
パソコンのスペックや容量などの条件を満たす必要があります。
※win7、win8でなくてはいけない。

XPやvistaではアップグレード出来ませんのでご注意ください。
詳細記事:windows10無料アップグレード「タスクバー」で予約開始。アップグレード条件は?