電子マネーWAONは、年々支払いに使える加盟店が増えています。
店舗やレジにWAONマークが貼られているのも珍しくなくなりました。

AEONグループ店舗だけでなく、コンビニや飲食店、ガソリンスタンドでも使えるようになっています。

加盟店が増えるということは、それだけWAONポイントが貯まりやすいということです。
お得な買い物ができる(=節約になる)ということで見過ごせません。

スポンサーリンク

WAONカード(電子マネー)とイオンカード(クレジット)どっちがお得?

AEONグループの買い物では、「WAON(電子マネー)カード」か「イオンカード(クレジットカード)」で支払うとポイントが加算されていきます。

WAONカード(電子マネー)であれば、お支払い金額の200円毎に1WAONポイントが貯まります。
1WAONポイントは1円相当として、次回以降のお買い物で支払いに使うことができます。

イオンカード(クレジットカード)は、ときめきポイントが200円の支払い金額ごとに1ポイント貯まります。
(イオングループ店舗での利用なら、200円ごとに2ポイント)

ときめきポイントは商品と交換したり、オンラインショッピングで使うことができます。
(手続きが必要ですが、ときめきポイントをWAONポイントに変えることもできます。

では、どちらがいいのかを考えましょう。

 

イオンカードはクレジットカードなので加盟店以外でもポイントが貯まる

イオンカードはクレジットカードのブランド(VISA、JCB、MasterCard)加盟店であれば、使えますし200円ごとに1ときめきポイントがもらえます。(インターネットの支払いでも使えます。)

その点WAONカードは加盟店でしか使えない「電子マネー」です。
それ以外の購入で使うことができませんので、ポイントも貯まりません。

 

WAONカードが使える加盟店は増えている

電子マネー「WAON」は、コンビニやガソリンスタンドなど、さまざまなお店で使えるようになってきました。

WAON加盟店一覧
出典:WAONの提携先について|WAONを知りたい|電子マネー WAON [ワオン] 公式サイトより http://www.waon.net/about/tie-up-info/
近くにAEONがないけれど、WAONカードを使っている。
ワオンは使っていない。持っていないけれど、ご存知という方も多いのではないでしょうか。

加盟店が多いということは、「ポイントが貯まりやすい」「お得度がアップする」というメリットがあります。
イオンカードを持っていないから損をするということもないのです。

クレジットカードは作りたくないという方にも、電子マネーのWAONカードであれば作ってもいいのではないでしょうか。

また、WAONカードなら審査が不要で年齢制限もありません。

スポンサーリンク

最強コスパは「イオンカードでWAONチャージ」+「支払いはWAON」

イオンカードであれば、WAONへのチャージができます。

この場合、ポイントの2重取りが発生してお得です。

  • WAONチャージ:200円ごとに1ときめきポイントを獲得
  • WAONで支払い:200円ごとに1WAONポイントを獲得

 

ただし、チャージ金額の「分割払い」はお得ではない

クレジットカードでWAONチャージを利用すると「ポイントが貯まりやすい」と感じるかもしれません。

しかし、クレジット払いには利息が発生することがあります。

イオンカードは1回払いでは手数料が発生しませんが、その他の支払い(分割払い・リボ払い)では手数料を取られてしまいます。

この点を考慮してお得度を考えると「現金チャージ+電子マネーWAON」が有利です。

WAON自体は先払い方式(チャージタイプ)なので、利息も発生しません。

 

クレジットカードでキャッシングより「WAONにチャージ」がお得

現金というものは、いろんな支払いに使えますのでとても便利です。
現在でも電子マネーやクレジットカードに対応していない現金払いのみという店舗はまだまだあります。

どうしても手持ちのお金がなく、クレジットカードを使ったキャッシングを考える事もあるかもしれません。

しかし、キャッシングには、実質年率7.8%~18.0%という金利がかかります。

WAON対応のショップやサービスの支払いにおいては、高い金利を支払ってまでキャッシングをする必要はありません。

「WAONにチャージする」という方法があるからです。

 

WAONチャージはショッピング扱い

それに比べて、金利が安いショッピング枠を使わない手はありません。
(1回払いなら手数料は無料。しかしも支払いは一か月後です。)

AEONグループでの買い物に使うお金であれば、WAONでの支払いをすることを考えましょう。

 

ただし、WAONカードにチャージするにはレジではできない

クレジットカードを使ってWAONにチャージするときに注意したいのは、
ステーションかモバイルWAONの利用が必要という点です。

レジで直接チャージできるのは現金のみです。

waonにチャージする方法

クレジットカードを使ったチャージは、WAONステーションやイオン銀行ATMを使わなくてはいけません。

コンビニエンスストアなどの加盟店には、設置されていない店舗がほとんどです。
(たいていAEON店舗には、サービスカウンター近くにステーションがあります。)

AEON店舗やイオン銀行ATMが近くにない方は、モバイルWAONを利用するしかありません。
※モバイルWAONとは、携帯やスマートフォンのアプリのことです。(要ダウンロード)

また、モバイルWAONでも、おサイフケータイに対応していないとダウンロードができない場合もあるようです。
前もって確認しましょう。

 

イオンカードは種類によってWAON機能が使えない?
「イオンカードセレクト」か「WAON一体型」を選ぼう

イオンカードといっても、種類がたくさんあります。

WAON(電子マネー)機能を使うのであれば、一体型のカードを選ぶ必要があります。

AEON店舗や公式WEBサイトであれば、WAON対応カードを選ぶことができるかと思います。

特に、他の加盟店で申し込むと別のカード(WAONが付かない)を作らされる可能性があります。
後日カードが届いたときにWAON機能がないことに気が付き、別カードを申し込む必要が出てきます。

※審査に通らなくなる「申し込みブラック」になる可能性がありますので、2重申し込みは控えたいところです。
あらかじめ確認しましょう。

公式サイト:イオンカード一覧

 

意外と知らない?コンビニで安く買うコツ(2016年版)

知らなかったら損をする?【お買い物ポイントカードの得する情報】

ちょっと古いかも?な「得する情報」