iphone7 mini

Appleは、現在販売しているiPhone6sよりも、ひと回りほど小さい”4インチiPhone”をリリースすると発表しました。

発売の予定時期は、早ければ2016年上旬、遅くてもiPhone7の発売に合わせるようです。

4インチディスプレイは、約10.16cmと小さいのが特徴です。

iPhone mini 4インチ 10.16cm
iPhone6s 4.7インチ 11.938
iPhone6s Plus 5.5インチ 13.97cm
iPad Pro 12.9インチ 32.766cm

ちなみにiPhone5sのディスプレイは4インチですので、こちらをイメージしていただくと分かるかと思います。

 

Appleは今までiPhone5・iPhone6と、ディスプレイの大型化が行われましたが、小型iPhoneを求める声も多かったため、要望に応える形になりました。

スポンサーリンク

小型でもA9チップ搭載で最新の「iOS 8」が使える

小型iPhoneといっても、中身はiPhone6s同等クラスで酢。
現在最強のスペックを誇る「A9チップ」を搭載していますので、最新のiosが使える仕様です。

性能的にはiPhone7には劣る物の、iPhone miniの使い心地はいいといえるでしょう。

iPhone6sの小型化を希望しているユーザーにとっては「良い知らせ」になりました。

スポンサーリンク

なぜiPhone6sは、大型化したのか?

iPhoneのディスプレイは年々大型化しています。
その理由は、「ユーザーの使いやすさを追求している結果」といえます。

一昔前までのガラケー時代は、薄型小型化が常識でした。
発売されていた端末の大きさが、年々小さく、薄くなっていたのは記憶に残っている方も多いでしょう。

しかし、今のスマートフォンでは、逆に大きくなりつつあります。

今のスマホの大きさは、以前の携帯時代に比べると、1.5倍~2倍以上も大きくなっているのは、多くの方がお気付きだと思います。

 

スマホの表示が小さすぎる?クレーム殺到

スマートフォンでは、アプリケーション(スマホアプリ)を使う事で機能を拡張して使うのが基本です。

ガラケーよりも高性能なアプリが登場し、ノートパソコン並みのスペックを引き出せるようになりました。

 

しかし、ディスプレイが小さすぎてしまい、「小さいスマートフォンには使いにくい」という評価が多くなったのです。

つまり、Appleはユーザー側からの要求にこたえて、ディスプレイの大型化を目指したのです。

ですが、一部ではスマートフォンの機能をすべて必要ではないユーザーさんもいらっしゃいます。

その方たちは、主に電話として使いたい方が多く、ガラホのような小さい端末を好んで使う傾向にあります。

その為、大型化するiPhoneから離れていったという現状もあり、今回のiPhone miniを出したとの事です。

 

iPhone7の大きさはどうなる?

「iPhone miniは、iPhone7と同時期リリースでは?」という情報があります。
その為、iPhone7のディスプレイサイズは、現在発売されている「iPhone6s並みか、やや大きめ」のようです。

その分、軽くなる可能性があります。

iPhone6sの重量は192gですので、150gほどに減量してもらいたいところです。
開発が間に合えば、「A10チップ搭載」も夢ではないとの事ですので、より軽量化するiPhone7に期待しましょう。