AQUOS SH-RM02のセール画面

2017年10月楽天モバイルでは、おサイフケータイの「AQUOS SH-RM02」の端末0円セールを実施しました。

  • スーパーホーダイ2年契約で端末代金0円
  • スーパーホーダイ3年契約で端末代金0円+1万円分のポイントバック(楽天スーパーポイント)
  • 組み合わせプラン(通話SIM)で端末代金1万円

※1万円分のポイントバックは、「翌月からの楽天モバイル料金の支払い」や「楽天市場でのお買い物」に使えます。

注意点

※今回のセールは通話SIMのみです。データSIM契約は通常価格39,800円とあります。

chekp

在庫限りとありますので、「在庫処分セール」という形のようです。

 

楽天モバイルでは、スーパーホーダイプランを導入後、このような端末セールが極端に少なくなりました。

端末を安く手に入れるには、いい機会かと思います。

特に今回の「AQUOS SH-RM02」は、人気の「おサイフケータイ対応機種」です。

検討する方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、今回の端末0円セールはスーパーホーダイの「2年契約」か「3年契約」が前提です。

先生苦笑

「2年契約」「3年契約」となると、ちょっと抵抗がありますね。

大手携帯会社のように解約しにくいのであれば、端末が0円で手に入るとしてもやや不安ですね。

私自身もそうです。

先生汗

安くスマートフォンを手に入れたいのですが、楽天モバイルのセールがなくなってしまいました。機種変更する機会がなかなかありません。

先生息

今はバッテリーが半日しか持たないスマートフォンを持ち歩いています。

そこに、今回の「AQUOS SH-RM02」の購入費用が0円というセールが来ました。

今回のセールで「買い替えるべきか?」「それとも見送るべきか?」を考えます。

スポンサーリンク

AQUOS SH-RM02実質0円の正体

AQUOS SH-RM02の実質料金
画像:AQUOS SH-RM02の実質料金 楽天モバイルのセール画面より

AQUOS SH-RM02の0円セールの正体は、端末の代金を1万円にするという内容です。

さらに、「2年以上のスーパーホーダイで契約する」とポイントバック分を含めて、実質0円にすることができます。

 

AQUOS SH-RM02(通常3万8千円)を「1万円」というセール

「実質0円」「1万ポイントプレゼント」の正体は、スーパーホーダイ2年契約のポイントバック適用で0円という意味で使われています。

  • 「2年契約で0円」:スーパーホーダイ2年契約で1万円の割引
  • 「3年契約で1万ポイントプレゼント」:スーパーホーダイ3年契約で2万円の割引(本体価格が1万円なのであまりは楽天ポイントでポイントバック)

スーパーホーダイ適用で実質負担金は0円ですが、他のプランで購入する場合は端末料金が1万円になります。

 

1万円の一括・分割購入で「組み合わせプラン(通常の契約)」も選べる

もちろん「スーパーホーダイを選ばずに、1万円を支払って購入する」もできます。

楽天モバイルの分割は、クレジットカードの支払い方法で「分割払い」を選択することです。

24か月払いで「450円×24か月になる」とあります。※分割手数料は楽天カードのみ無料、他社カードは他社が定めている手数料です。

 

「組み合わせプラン」なら12か月後に解約可能

「スーパーホーダイを選ばずに、1万円を支払って購入する」ことで、1年後に解約することもできます。※通話SIMの最低利用期間は12か月間です。

または、スーパーホーダイ1年契約を選ぶこともできます。

注意点

スーパーホーダイ1年契約にはポイントバックはありませんので、端末料金は通常プランと同じ1万円になっています。

「2年契約で0円」と「1年契約で1万円」はどっちがお得?

母驚く

スーパーホーダイだとスマートフォンが0円になるけど、2年以上の契約が必要なんだね・・・

母無言

じゃあ「一括払い・分割払い1万円」で買った方がお得なの?

先生手

いえ、そうでもないんです。

 

先生「実は」

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」は、通常の契約とは少し違う部分があります。

chekp

契約の仕方によっては、「スーパーホーダイ」の方がお得になることがあります。

5分間通話・低速モード利用なら「スーパーホーダイ0円」がお得

chekp

例えば、5分以下の通話が多い方は「スーパーホーダイ」で契約した方がお得になります。

また、インターネットの低速モードを使う方は、「スーパーホーダイ」の方が読み込みが早くなります。

読み込みスピードの比較
通常契約
(組み合わせプラン)
200kbps
スーパーホーダイ 1,000kbps(1Mbps)

読み込み速度が通常契約に比べて「約5倍速くなります」ので、読み込みの差が明らかです。

注意点

しかし、「5分間かけ放題」や「インターネットの低速モード」を使わない人は、スーパーホーダイの料金が高くなりがちです。

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」ってどんなプラン?

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」とは、

「インターネット回線+楽天でんわ5分間かけ放題(オプション)」がセットになったプランです。

さらに、「通常の契約(組み合わせプラン)」よりも、優遇されている部分もあります。

楽天スーパーホーダイメリット

楽天スーパーホーダイデメリット

chekp

スーパーホーダイと通常プランの違いは、他のページ↓で比較しています。

スーパーホーダイって本当にお得?メリット・デメリット徹底解剖

 

スーパーホーダイの料金:通常プランと比べると料金は?

chekp

料金は3種類ありますが、データ量が違うだけで契約内容はほぼ同じです。

スーパーホーダイ 1年目の月額料金 2年目以降の月額料金
「2GB」プランS 1,980円 2,980円
「6GB」プランM 2,980円 3,980円
「14GB」プランL 4,980円 5,980円

 

 通常の契約(組み合わせプラン) 毎月の月額料金
「3.1GB通話プラン」+5分間かけ放題 2,450円
「5GB通話プラン」+5分間かけ放題 3,000円
「20GB通話プラン」+5分間かけ放題 5,600円

※スーパーホーダイと通常の組み合わせプランは、データ量が異なるため近いプランとの比較になっています。

これだけで通常のプランと比較すると、2年目以降は若干高くなっています。

「1年目だけはお得な料金」に思えるかもしれません。

  • 「2GB」プランS:通常プランより「530円」高くなってる?
  • 「6GB」プランM:通常プランより「980円」高くなってる?
  • 「14GB」プランL:通常プランより「380円」高くなってる?

しかし、スーパーホーダイの2年契約と3年契約には、スマートフォンの端末料金が1万円~2万円分含まれています。

1年契約 ポイントバックなし
2年契約 1万円分のポイントバック
または、同時購入の端末を1万円引き
3年契約 2万円分のポイントバック
または、同時購入の端末を2万円引き
chekp

今回の「AQUOS SH-RM02の本体価格が0円」は、「長期契約プランのポイントバックを利用」することで本体価格を実質0円にしています。

端末料金の実質負担を考えると、スーパーホーダイは決して高くないのです。

 

スマホ購入+5分かけ放題あり:「スーパーホーダイ」が安い

スマートフォンの購入金額を入れて計算してみましょう。

今回のAQUOS SH-RM02セールでは、本体価格が1万円です。

24か月間の支払いは、下記のようになります。

  • 組み合わせプラン24か月:「(月額料金+5分間かけ放題)×24か月+端末1万円」
  • スーパーホーダイ24か月:「月額料金×24か月」

※スーパーホーダイ24か月には、「端末代金1万円」と「5分間かけ放題24か月」が含まれています。

 

組み合わせプラン+5分間かけ放題+端末1万円:24か月トータルの支払い金額

組み合わせプラン+端末1万円を2年間契約した時の「24か月間の支払い合計金額」は、

1万円(本体価格)+[組み合わせプランの月額料金(+5分間かけ放題)]×24か月で計算できます。

2年間の契約で計算すると、下の料金になります。

 通常の契約(組み合わせプラン) 24か月間の支払合計
「3.1GB通話プラン」+5分間かけ放題 68,800円(2,450円×24ヶ月+1万円)
「5GB通話プラン」+5分間かけ放題 82,000円(3,000円×24ヶ月+1万円)
「20GB通話プラン」+5分間かけ放題 144,400円(5,600円×24ヶ月+1万円)

※通話料やSMS料金、他のオプションは含んでいません。

 

スーパーホーダイ+端末0円:24か月トータルの支払い金額

スーパーホーダイを2年間契約した時の「24か月間の支払い合計金額」は、「端末料金」と「5分間かけ放題」含まれているため、「0円」です。

[スーパーホーダイの月額料金]×24か月だけで計算できます。

2年間の契約で計算すると、トータルの支払いは下の料金になります。

スーパーホーダイ 24か月間の支払合計 内訳
「2GB」プランS 59,520円 (1,980円×12か月+2,980円×12か月)
「6GB」プランM 83,520円 (2,980円×12か月+3,980円×12か月)
「14GB」プランL 131,520円 (4,980円×12か月+5,980円×12か月)

※通話料やSMS料金、他のオプションは含んでいません。

 

結論:「5分かけ放題あり」ならスーパーホーダイが「約1万円安い」

先ほどの2つの結果をまとめると、下の表になります。

【スーパーホーダイ】2年間 【通常プラン+端末一括購入+5分かけ放題】2年間
プランS:59,520円(9,280円安い) 3.1GB:68,800円
プランM:83,520円 5GB:82,000円(1,520円安い)
プランL:131,520円(12,880円安い) 20GB:144,400円

プランMに限り通常プランの方が安くなっていますが、他の2つのプランはスーパーホーダイが安くななる結果になりました。

プランSは通常プランよりも「2年間の支払いが9280円安く」なり、プランLでは「2年間で12,880円安く」なるということです。

 

しかし、この比較表は、オプションの「5分かけ放題」を入れて計算しています。

通常プランで「5分かけ放題」を付けない場合は、逆にスーパーホーダイが高くなっています。

もし「5分かけ放題」がいらない方は、「端末の一括購入+組み合わせプラン」をおすすめします。

そちらの方が、トータルの支払い総額が安くなるうえに、通信できる「構想通信のデータ量」も上限がアップするからです。

 

スマホ購入+「5分かけ放題なし」:通常プランが安い

先ほどの計算は、5分かけ放題を入れて計算しています。

では、5分かけ放題が必要ない方は、どちらが安いのでしょうか?

こちらも計算してみました。

結果的には「5分かけ放題」がいらない方は、端末購入+通常プランがおすすめのようです。

なぜなら、通常プラン+端末一括を選んだ方が、最低でも11,120円安くなるからです。(最大の差額は31,920円です。)

 

組み合わせプラン+端末1万円:24か月トータルの支払い金額

組み合わせプラン+端末1万円を2年間契約した時の「24か月間の支払い合計金額」は、

1万円(本体価格)+[組み合わせプランの月額料金]×24か月で計算できます。

2年間の契約で計算すると、下の料金になります。

 通常の契約(組み合わせプラン) 24か月間の支払合計
「3.1GB通話プラン」 48,400円(1,600円×24ヶ月+1万円)
「5GB通話プラン」 51,600円(2,150円×24ヶ月+1万円)
「20GB通話プラン」 114,000円(4,750円×24ヶ月+1万円)

※通話料やSMS料金、他のオプションは含んでいません。

「スーパーホーダイ」と「通常プラン(かけ放題なし)」比較

「スーパーホーダイ」と「かけ放題なしの通常プラン+端末一括購入」を下の表で行いました。

すると、あきらかに通常プラン+一括購入の方が安いです。

【スーパーホーダイ】24か月間 【通常プラン+端末一括購入】24か月間
プランS:59,520円 3.1GB:48,400円(11,120円安い
プランM:83,520円 5GB:51,600円(31,920円安い
プランL:131,520円 20GB:114,000円(17,520円安い

プランSには端末1万円が入っていますが、「通常プラン+端末一括1万円購入」の方が2年間トータルの支払いが11,120円も安くなっています。

プランLで申し込むと「通常プラン+端末一括1万円購入」より17,520円も高く支払う必要があります。

つまり、かけ放題を使わない方は、スマートフォンを一括払いしてしまった方がお得ということです。

 

まとめ:かけ放題が不要人は「一括購入」で1万円以上安くできる

 

もし、楽天モバイルで「AQUOS SH-RM02セール」を利用しようと思う方は、「5分間かけ放題」について考える必要があります。

 

「5分間かけ放題が必要」:スーパーホーダイが安い

もし、「5分間かけ放題」が必要だと思うのであれば、端末0円のスーパーホーダイをおすすめします。

スーパーホーダイを利用するのであれば、プランM以外で契約すると24か月の支払い金額がお得になるからです。

【スーパーホーダイ】2年間 【通常プラン+端末一括購入+5分かけ放題】2年間
プランS:59,520円(9,280円安い) 3.1GB:68,800円
プランM:83,520円 5GB:82,000円(1,520円安い)
プランL:131,520円(12,880円安い) 20GB:144,400円

「5分間かけ放題が不要」:一括購入が安い

逆に、「5分間かけ放題」が不要だと思うのであれば、「端末を1万円で購入+通常の組み合わせプランで契約する」をおすすめします。

こちらだと、24か月間使ったとすると、全プランで11,120円以上お得です。

【スーパーホーダイ】24か月間 【通常プラン+端末一括購入】24か月間
プランS:59,520円 3.1GB:48,400円(11,120円安い
プランM:83,520円 5GB:51,600円(31,920円安い
プランL:131,520円 20GB:114,000円(17,520円安い

しかも組み合わせプランのみ、「申し込んだ月の基本料金が0円」になります。

24か月使ったとしても、実際には基本料金は23か月分の支払いになりますのでもう少し安くなります。※オプションなどは無料ではありません。

 

注意:「スーパーホーダイ」と「通常プラン」は回線のスペックが違う

このページでは「スーパーホーダイ」と「通常プラン」の料金で比較を行いました。

しかし、実際には「スーパーホーダイ」と「通常プラン」は、回線の仕様(スペック)が少し違います。

料金が高くなっても、スーパーホーダイを使いたくなるかもしれません。

 

スーパーホーダイのメリット:「LTE低速モードの通信速度が1Mbps」

スーパーホーダイの特徴は、LTEの低速モードが1Mbspで利用できるという点です。

通常プランのでは200kbpsですので、約5倍の速さです。

使い方によっては「低速モードのみ」でも、問題ないかもしれません。

しかし、高速通信のデータ量が少なくなっています。

 

スーパーホーダイのデメリット:「毎月の高速データ量が少ない」

通常プランでは高速通信プランが3.1GB~30GBまで5つありますが、スーパーホーダイでは2GB、6GB、14GBの3種類しかありません。

楽天モバイルの組み合わせプラン(通常プラン)料金
画像:楽天モバイルの組み合わせプラン(通常プラン)料金
スーパーホーダイで選べるプランは3種類のみ
画像:スーパーホーダイで選べるプラン

プランSの「2GB」で足りない方は、プランSより1千円高いプランM(6GB)しかないのです。

通常の組み合わせ3.1GBプランでは、550円で5GBプランにできますので比べると高く感じます。

このような融通の利かない部分は、不利なような気がします。

 

ただし、5分間の通話かけ放題が必要な方には、相殺できる金額です。

メリットやデメリットをよく比較して、どちらがいいのかを考えるべきかと思います。

chekp

考え方は人によって違いますので、このページの比較は参考程度にしてくださいね。

楽天モバイルの体験談

先生笑

私(筆者)は、楽天モバイルを契約しています。

スマホ使

実際に使ってみた感想を踏まえて、解説していきますね。

chekp

これから選ぶ人だけでなく、いま契約している方にも、
お得な情報をお届けしていきます。

先生笑

随時追加していきますので、たまに見に来てくださいね。