ipad pro比較

Appleは、iPhone6sに続き、iPad Proを発売します。
2015年11月に予定ですが、正式発表はまだありません。(2015年10月30日現在)

Appleファンにとっては、大きなイベントではないでしょうか?
ところで、iPadProは今までのiPadと何が違うのかご存知でしょうか?

現時点で公開されている情報を頼りに比較してみました。

スポンサーリンク

容量が32GBと128GBの2種類しか選べない

歴代のiPadを見ると、16GBが必ずありました。
16GBであれば、一番お手ごろな値段と容量サイズで買いやすいです。

しかしPro版は、最低でも32GBからとなり、価格も高いかもしれません。
良い意味で期待を裏切って、安してくれる予感もしますね。
※売り出し価格は現時点で未発表

Wi-Fiモデル Wi-Fi+Cellularモデル
iPad Pro 32GB、128GB 128GB
iPad Air 2 16GB、64GB、128GB 16GB、64GB、128GB
iPad Air 16GB、32GB 16GB、32GB
iPad mini 4 16GB、64GB、128GB 16GB、64GB、128GB
iPad mini 2 16GB、32GB 16GB、32GB

※Cellularモデルとは、3G、4G、LTE対応という意味です。

 

なぜ、16GBがなくなったのか?

それは、「Pro」という名前にあるのではないでしょうか?
プロが愛用するタブレットとして、大容量仕様にしたiPadだからこそ、スペックを大きくしたとも取れます。

※これは、憶測でしかありません。

スポンサーリンク

画像サイズが12.9インチと過去最大級

Proは、12.9インチと歴代iPadで最大の大型タブレットです。
付属品(別売り)のキーボードを付けると、もはやモバイルPCの大きさです。

  • B5サイズは12.1インチ以下
  • A4は14.3インチ

ですので、B5サイズのpcといえます。

画面サイズ 縦の長さ 薄さ
iPad Pro 12.9インチ 305.7 mm 220.6 mm 6.9 mm
iPad Air 2 9.7インチ 240 mm 169.5 mm 6.1 mm
iPad Air 9.7インチ 240 mm 169.5 mm 7.5 mm
iPad mini 4 7.9インチ 203.2 mm 134.8 mm 6.1 mm
iPad mini 2 7.9インチ 200 mm 134.7 mm 7.5 mm

ドンドン薄くなっていく?iPad軽量化の秘密

しかし、薄さはiPad Air2より0.8mmしか変わりません。
さらに、先々代のiPad Airよりも、0.6mm薄型になっています。

その理由は、Appleが新しく開発したCPU「A9Xチップ」によるスペック向上が影響しているようです。

先代のA8Xよりも、CPU性能が2.5倍性能がアップしています。
グラフィックに関しては5倍高速になっています。

 

重さは、713 gと過去最大級の重さ1.7倍

しかし、重さは軽減できなかったようです。
ディスプレイが大きくなると、どうしても液晶が重くなりますので、仕方がないのかもしれません。

 

 重量 Wi-Fiモデル Wi-Fi+Cellularモデル
iPad Pro 713 g 723 g
iPad Air 2 437 g 444 g
iPad Air 469 g 478 g
iPad mini 4 298.8 g 304 g
iPad mini 2 331 g 341 g

Apple iPad Pro比較まとめ

歴代iPadと比較すると、このような事が分かります。

「A8Xチップによる、大幅な性能アップ」と共に、「使いやすさを重視したディスプレイの大型化」

Pro仕様ということで、ある意味使いやすいサイズになったのかもしれません。
例えば、ショップやプレゼンテーションなど、複数人で見るときなどは12.9インチであれば見やすいですよね。

そのような場面を想定したのが、iPad proではないでしょうか?
個人で使うには、大きすぎて重過ぎるかもしれませんが・・・。