追納制度_001

年金の支払い最低年数は25年間です。

これに満たない場合、1円ももらう事が出来ません。
ですが、今支払えない人でも、将来支払うことが可能になる事もあるでしょう。

そんな方のために、様々な制度が用意されています。

  • 過去2年間は追納可能
  • 支払い免除や一部免除の申請
  • 60歳以降5年間の任意加入

これらを利用することで、最低限の保障を受ける事が可能です。

スポンサーリンク

ここで紹介する方法は、
60歳以降の5年間任意加入して年金額を増やす方法です。

高齢任意加入制度を利用

年金をもらうための期間が足りない人や
もう少し増やしたい人が対象の制度です。

60歳以上65歳未満になると、申し込む事が可能です。

※支払い期間は定めることができます。

70歳を過ぎても厚生年金に加入する

厚生年金は70歳までが強制加入です。

70歳になっても年金の最低支払い期間が25年に足りない場合、延長する事が出来ます。

それが高齢任意加入と呼ばれる制度です。

ただし、雇用主が半額支払うのか、
支払わないのかを決める事ができます。

支払わない場合でも、全額を自己負担すると加入が可能です。

このような制度を使うことが出来ますが、
最終手段として用意されています。

もし、これでも届かない場合、年金がもらえなくなります。
一番いいのは、それまでに支払っておくことです。

税金・節税対策

世界的に不況と呼ばれる現代では、「日常生活の節約」だけではお金はたまりません。

しかし、世の中には便利な節約する制度があるのです。
その一つが、『ふるさと納税』という方法です。
しかし、ふるさと納税は「ちょっとした手続き」が必要になったり、「控除できる金額に制限」があります。
そのような「節税情報」もまとめていますので、合わせてご覧ください。

確定申告書の作り方 記事一覧

確定申告で得するための情報一覧