※この記事は、2014年10月1日時点の記事です。

イメージ287
引用:http://blogs.windows.com/bloggingwindows/2014/09/30/announcing-windows-10/

windows9の発表があると思いきや、
windows10に変更したようです。
※Windows 10 Technical Previewが2014年10月にオープン

あまりにも展開が違っていたので、
パソコン業界にもびっくり衝撃が走っています。

現場である売り場でも、
「いままで、windows9のポスター作ってたのに・・・。」
そんな声が聞こえてきそうです。

windows10がどんなOSなのかは、このwindows公式動画を見れば分かります。

さて、windows9からwindows10に変えた理由はどんな意味があるのでしょう?
調べてみました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

windows10に変更した理由

名前をwindows9から10に変えたのは、
革命的OSというインパクトを出したかったからといわざるを得ません。

まずはwindows10が革命的OSという点

今までのwindowsには、
パソコンやスマートフォンにはそれぞれ独自のOSがありました。

  • パソコンには、windowsXP,7,8など
  • スマートフォンには、Windows Phone

ですがwindows10は、すべてのデバイス(パソコン、タブレットPC、スマートフォン、携帯?)に対応しています。
※もちろん、使用するための容量も必要ですが

今後は、パソコンもスマートフォンも同じ環境で使い、
ファイルも同じファイルを簡単に共有する事が出来るようになります。

まさに、次世代OSが誕生した事になります。

インパクトを出したかった

今回の革命的OSwindows10は、これから主流にすると発表しています。
つまり、今後はwindows8よりも10を売りたいという意気込みです。

これにより、今流行のwindowsサーバーも10に様変わりしますし、
windowsスマートフォンやタブレットもすべてwindows10になるという事です。

もちろんwindows8からwindows10へのグレードアップも簡単に出来るようにするようです。
windows vistaや7は難しいかもしれません。





2015年までwindowsPC、タブレットは買い控えるべき?

今後は、windows10が本格化するので、8を購入する前にもう一度考えたほうがいいのかも知れませんね。
発売は2015年ですので、今から買おうという人は買い控えをした方がいいのかも知れません。

テスト版も出ているので、気になる人は使ってみてはいかがでしょうか?

テスト版はこちらから↓
Windows Technical Preview が間もなく登場 – Microsoft Windows
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview-coming-soon
Windows 10 Technical Previewとは、
その名の通り、Windows 10の技術を見る(使う事)事が出来るという意味です。
テスト版が10月中に公開される予定です。