よく聞くsimフリーの噂を漫画で説明_001

2015年は、ITサービスが変化する年です。
まだ1月にもかかわらず、大きな変化が起きています。

  • スマートフォンのSIMフリー化(ロック解除)の義務付け
  • MVNO通信事業者への参入会社増加
  • windows10の無償アップデート発表
  • 自画撮りデジカメの普及

SIMフリー対応のMVNOには、さまざまな会社が多く入っています。
今後も増えるに違いありません。

その中には、日本郵便株式会社やVAIOの名前もあるほどです。
※噂でしかないそうですが、参入の可能性は否定できないそうです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

SIMロック解除手数料が無料になる!?

simフリー化の注意点を漫画で説明

現時点ではSIMロック解除費用が3000円必要なのはご存知でしょうか?
(ドコモ)
「SIMフリー化はいつなの?」と聞かれますが、
2015年の5月以降の販売機種から義務化という情報が有力のようです。

ロック解除の義務付け法案が正式に導入されれば、無料(すなわちゼロ円)になります。

ただし、動作は保証されないので注意はしましょう。

ロック解除よりも、もともとフリーSIMとして販売されている機種のほうが安全かもしれません。
※サポートが受けられなくなる危険性があるからです。





MVNOの低価格化でどうなる?スマートフォン市場

スマートフォン保有率総務省調べ
総務省によると、スマートフォンの端末の保有率は、
携帯端末を持っている人の49.5%です。

前年度より20%多くなっています。

引用:総務省|平成25年版 情報通信白書|主な情報通信機器の普及状況(世帯)
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h25/html/nc243110.html

タブレットを入れると、相当な数になります。

今後は、SIMフリー化に伴いますます増えていく気がしますね。
ですが、意外と問題点が多いようです。

格安SIMの普及率はいまだ全体の1%?広がらない理由とは?

simフリーのデメリットを漫画で説明_003

2014年の中旬には、格安SIMの普及率が1.1%でした。

中旬といえば、この記事を書いた頃です
iPhone6の買い替えは待つべき?2015年以降二年縛り・simロックに規制と発表