蚊とデング熱の関係を漫画で説明

2014年9月、代々木公園でデング熱が発生。
日本で70年ぶりに確認され、ニュースでも度々取り上げられました。

2015年も日本でデング熱が流行るのでしょうか?

感染源であるヒトスジシマカが、
日本に上陸する可能性はあるのでしょうか?

世界的には、毎年東南アジアなどで広く感染

デング熱は、人から人への感染はありません。
蚊を媒介にして、蚊から人へ感染します。

日本人が感染する可能性は、2点あります。

  1. 海外からの旅客機(空・海)、貨物機による感染した蚊の移動
  2. 旅行先での感染

デング熱の感染源となるヒトスジシマカ(蚊)が日本に上陸する可能性は、
そこまで高くありません。

ですが、2014年発生したため、注意が必要です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

世界的には、感染者が増加!温暖化がデング熱蔓延の原因に?

世界のデング熱発症者数を見ると、
年々増加している事がわかります。

今までアジアなど、限られた地域でしか見られませんでしたが、
ここ近年アメリカなど、広い地域で感染が広がっています。

その理由は、蚊の発生・生息期間が極めて長くなった事によります。

地球の気温が上昇するたびに、熱帯地方の生物が北上

日本の海や陸でも、熱帯地方の生物が度々目撃されています。

暖かい地方でしか見られなかったダニ、クモ、鮫など、
危険生物が北上しています。

もし、ヒトスジシマカの成虫が日本に卵を産み付け、繁殖し、
デングウイルスが入り込めば、毎年デング熱が流行る可能性も出てきます。

※2つの条件が重ならない限り、毎年流行る可能性は低いといえます。

デング熱の症状は?発熱と痛み(頭痛、腹痛、筋肉痛など)が同時に

夏風邪かと思って放置していたら、数日経っても熱と痛みが取れない。
病院にいったらデング熱だった。

※当時感染した患者さんの発言です。

デング熱3つの症状
  • 発熱38℃前後
  • 頭痛・筋肉痛
  • 発疹

これら3つの症状がでると、デング熱の可能性が高くなります。

夏の発熱は思い病気の可能性もすくなくありません。
出来る限り、病院で診察を受ける必要があります。

デング熱などの感染症と診断された場合、
保健所への通報・周辺調査などもありますので、発症前の行動・場所を聞かれることもあります。

詳細に覚えておくといいかもしれません。





デング熱だけではない!温暖化で危険生物が次々に日本へ上陸

特に海水温度は、陸地よりも上昇スピードが速く、
海水浴シーズンのはずなのに、くらげなどの被害が報告されています。

その他にも、毒を持つ攻撃的な生物が増える事で、
夏休みシーズンの被害も急増しています。

これら危険生物は、気温の上昇と共に増加しています。
温暖化が、思わぬ危険なトリガーを引いているのかもしれません。

デング熱・健康対策 関連記事