食中毒対策

2015年6月からレストラン等の飲食店で、
豚や牛の生肉を提供することが、全面禁止になったのはご存知でしょうか?

いずれも生肉による食中毒の被害が多いからです。

特に夏は、生肉に限らず、
すべての食品において食中毒が発生しやすくなります。

食中毒菌には、味や色などありませんので、
食品が感染していたとしても、見た目や味だけでは区別がつきません。

予防対策を徹底することだけが頼りです。

あなたのご家庭では、しっかりとした食中毒対策を実施していますか?

もし、「対策をやっていない」「どのようなことをすればいいのか分からない」
このような悩みを抱えているのであれば、この先をごらんください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

食中毒を未然に予防する6つの対策とは

まず、誰でも簡単に出来る食中毒対策を確認しましょう。

  • 食材を購入する時の注意点
  • 食料品の保存方法
  • 調理前の準備で見落としがちな食中毒菌
  • 調理する時の注意点
  • 食事をする時の対策
  • あまった食品の食中毒対策

食材を購入する時の注意点

あなたは食料品店で購入する際に、
賞味期限だけを見ていませんか?

確かに賞味期限は大切です。

ですが、それ以外の陳列方法、保存状態も見るべきです。

安売り店に多い?陳列方法・保存状態が悪い店の食中毒

陳列方法は、お店の商品が棚にどのように置かれているのかをチェックするべきです。

例えば、要冷蔵の商品が、常温に置かれていたり、
冷蔵ケースのロードラインを超えている陳列をたまに見かけます。

※ロードラインとは、冷やせる高さの限界ラインのこと。
大抵は、冷蔵ケースの端に赤(または青)のラインシールが貼られています。

このような保存状態では、
食品が傷みやすく、食中毒菌が繁殖しやすい状態になっています。

大量陳列をしている店舗で多く、
従業員に食中毒の知識がない可能性が高いです。

このような「教育が徹底されていない店舗」で買うのは控えるべきかもしれません。

食料品の保存方法

たとえ新鮮で安全な食料品を購入できたとしても、
しっかりした方法で、ご家庭に持ち帰り、適切な保存をしなくては意味がありません。

帰り際の車内、ご家庭内での保存方法によっては
劣化による痛み、細菌の繁殖が加速する事もありえます。

夏の車内は60℃以上!食品の劣化がとても早い

気温が上がる夏場では、
車内温度が60℃~70℃近くになってしまいます。

車内に食料品を置いたまま、寄り道をしていませんか?

食料品は最後に買うようにし、
出来る限り、「車内に長時間置かない」ようにしましょう。

要冷蔵・要冷凍・冷暗所の違いを再確認

食料品の保存方法は、それぞれ違います。

ほとんどの加工食品には、要冷蔵や冷暗所と書かれています。

  • 要冷蔵→10℃以下の冷蔵庫に入れる
  • 要冷凍→-15℃以下の冷凍庫に入れる
  • 冷暗所→直射日光にあたらない常温25℃以下の場所(高温多湿を避ける)

特に冷蔵庫・冷凍庫は、適切な温度を守りましょう。
食料品を詰め込みすぎると、庫内の温度は上がってしまいます。

さらに、ドリップ(魚や肉の汁)で汚れていれば、
食品が細菌に汚染されますので、清潔にする事も忘れずに行いましょう。

調理前の準備で見落としがちな食中毒菌

食中毒対策に関心のあるあなたであれば、
調理前に手を洗うことは徹底しているかもしれません。

ですが、それ以外にも「まな板」や「包丁」「鍋・フライパン」「ふきん」など、
調理道具の洗浄・消毒はやっていますか?

毎日行う必要はありませんが、
一週間に一度は消毒をしたほうがいいかもしれません。
関連記事:ウイルス性食中毒の予防と対策に「次亜塩素酸ナトリウム」で消毒

もちろん、熱湯消毒でも効果はありますが、
適切な温度でじっくり時間をかけなくはいけません。
※熱湯消毒は、80℃以上のお湯を15分以上浸す必要がある

やけどをする危険性もありますので、
一般ご家庭内では実用的ではありません。

やはり、消毒液がいいかもしれません。
(キッチンハイターなども含む)

  • 調理する時の注意点:二次感染を予防しよう
  • 生魚・生肉を調理した包丁やまな板が、
    野菜や果物に触れていませんか?

    生ものを扱った調理器具には、多くの食中毒菌が付着してます。
    調理具は、別々に使い分けましょう。

    関連記事:【豚肉・レバー、牛の肝臓】飲食店での提供、生食禁止にした理由は食中毒対策

    食事をする時の食中毒対策

    食べる時にも、食中毒対策を怠ってはいけません。

    手洗いはもちろんですが、
    食べ物を室温で長時間置かないようにしましょう。

    早くとも、食べる30分前に調理・盛り付けが終えるのが理想です。

    あまった食品の食中毒対策

    食事が終わったら食べ残しは、
    出来る限り密閉できる容器に詰め冷蔵庫に保存しましょう。

    ラップは隙間ができることが多く、
    食中毒対策には不向きです。

    タッパーなどの蓋がついている保存容器を使用しましょう。

    参照:厚生労働省:家庭でできる食中毒予防の6つのポイント
    http://www1.mhlw.go.jp/houdou/0903/h0331-1.html