自転車罰則3つの違い

道路交通法が改正され、自転車も取り締まりの対象になりました。

14歳以上であれば誰でも、
自転車の交通ルールを守らない人には罰則が発生します。

最近、警察の自転車に対する取締りが厳しく、
続々と検挙されています。

3年間で、2回赤きっぷ(交通違反切符)を切られたら、
自転車運転者講習を受ける義務が発生します。

この講習では、5700円の徴収もありますのでご注意ください。

車のように免許停止などはなく、
自転車に乗れなくなるわけではありませんが、注意をしたいところです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

警察の赤切符・指導警告・口頭注意3つの違い

たとえ警察に見つかったとしても、
即、違反として処理されるわけではありません。

一般的には、程度により注意で済むこともあります。

危険の度合いによって、下記のように判断されます。
赤きっぷ>指導警告>口頭注意

自転車の赤キップは、危険行為・悪質な場合

明らかに危険な運転行為である、
酒酔い運転、ブレーキが損傷している自転車の運転がこれに該当します。

※法的な懲戒処分

自転車で右側通行をしただけでも、赤キップになる事があります。
(通行区分違反なので危険行為)

赤キップを2回切られれば、自転車運転者講習の通知が届きます。

特に車の運転免許証をお持ちの方は、
自転車に乗っているときも点数も引かれる可能性があります。

免許証を持っていなくても、
身元さえ分かれば、点数を引くことはできます。

指導警告は、危険な行為の一歩手前

危険行為には変わりないが、情状酌量の余地がある場合。
今回は見逃してくれるケースが、指導警告になります。
※法的な懲戒処分とならない

例)イヤホンを耳に付けたままの走行で、指導警告以上の対象になります。
ただし、携帯・スマートフォンの使用は、赤キップに該当する。

特に、自転車の罰則は2015年に始まったばかりです。

現時点では、周知されていないため、
罰則が甘くなっているようです。

口頭注意は、軽微の違反や不注意など

自転車のルールやマナーの違反をしそうな場合、
口頭注意として、指摘される可能性があります。

それが口頭注意です。
※法的な懲戒処分とならない

指導警告とは違い、安全な走行に近い状態でも、
違反スレスレの事をしていると対象になる恐れがあります。

これから夏休みになると、このような取り締まりが強化されます。
正しい交通ルールとマナーを覚え、しっかりと安全運転で走行ください。

自転車 関連記事