入浴時の心肺停止タイトル_001

冬寒くなると、体が冷えてしまいます。
お風呂に入って温まろうと、熱めのお湯に入る人も多いかもしれません。

ですが、お年を召した方は、
あまりにも温度差があるお湯はヒートショックに注意が必要です。

ヒートショックとは?
入浴が原因の心肺停止

特に冬場、高齢者に多いといわれている。

入浴する時は、なるべく温度差を縮める必要があります。

今回は、そんな入浴と心肺停止の関係・対策をご紹介します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

年間約14,000人が入浴が原因で心肺停止に?

全国の高齢者が交通事故で死亡した人数は、
2014年は4000人ほどです。

それに比べると入浴時の心肺停止が14000人ですから、
3倍以上も膨れ上がっています。

参照:高齢者の入浴事故はどうして起こるのか?―特徴と対策―東京都健康長寿医療センター研究所
http://www.tmghig.jp/J_TMIG/topics/topics_184.html

特に西日本に集中している

日本全国の入浴心肺停止は西日本がワースト10を独占しています。

  1. 香川県
  2. 兵庫県
  3. 滋賀県
  4. 和歌山県
  5. 島根県
  6. 愛媛県
  7. 京都府
  8. 奈良県
  9. 佐賀県

その理由には、いくつか原因があります。

西日本と東日本は暖房設備が大きく異なるのが原因

ヒートショックになる理由は、3つあります。

  1. 普段の室温
  2. 脱衣所の室温
  3. お湯の温度

これらが東日本の家よりも、差が激しいということです。

1月のヒートショックは8月の10倍に?

1月は、最も冷えてくる時期です。
その分、多くなりがちです。

入浴する時は、脱衣所とお風呂場の室温を高める必要があります。

東日本の家は、家全体が暖かい

雪国の家では、家全体が暖かくなるような設備が整っています。

長い間氷点下を下回ることもあり、
暖房設備が充実するだけでなく、熱を逃がさない構造になっています。

もちろん脱衣所や風呂場、トイレも極端な温度差になりにくいのです。

それに比べると、西日本の家は冬の寒さを軽視していると推測されています。
西日本の冬は短いからといって、油断するのは禁物です。