粗大ゴミ

引越しやパソコン・家電製品の買い替えで、大きな粗大ゴミや電化製品を捨てたいと思っていませんか?

これからは、粗大ゴミや家電のリサイクル料金が値上がりします。
処分するだけでも一つに付き、二千円~三千円もかかってしまいます。

一個だったらまだいいのですが、これが三個四個と増えていくと料金も比例して高くなってしまいます。

では、一体どうやって粗大ゴミ処分にかかる料金を、節約をすればいいのでしょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

粗大ゴミの処分の種類

ごみ収集

[check_list image=”check1-r”]
  • 粗大ゴミとして自治体にお願いする
  • 民間のゴミ処理業者に依頼する
  • リサイクルセンターに持ち込む
  • 無料のリサイクル事業に送る
  • リサイクルショップで売る
  • オークションで売る
[/check_list]

などがあげられます

それぞれ、メリット・デメリットがあります。
詳しく見て行きましょう。

粗大ゴミとして自治体にお願いする

自治体

一般的な方法ですが、料金が高くなります。

粗大ゴミとして出す手順

  1. まずは、自治体に粗大ゴミの収集を電話・ネットで依頼
  2. 粗大ゴミステッカー、またはシールを規定枚数(金額分)購入
  3. 指定の時間までに、特定の場所まで持っていく

という流れです。

※自転車や家電は対象外の場合が多いので注意しましょう。
また、自分で持ち込む必要があるので、運搬する人手を確保しなければいけません。

取り扱いできない物をあらかじめ聞いておかないと置くと安心です。

民間のゴミ処理業者に依頼する

民間業者

民間業者なら、自宅までトラックで回収に来てくれます。^^
その上、ほとんどのゴミを持っていってくれます。
人手が足りない、点数が多いなど、自分で持ち運べない場合には特におすすめです。

その分料金が若干高い場合がありますので注意をしましょう。
特に多いのが、基本料金を取るのが一般的です。

[colored_box color=”red” corner=”sq”]民間のゴミ処理業者にかかる金額
=ゴミの処分費用(個々のゴミにかかる必要)+基本料金+その他の手数料
です。[/colored_box]

その分若干かかってしまいます。
最近では、基本料金が無料の業者もありますので、安い業者を探す事も出来ます。

中にはゴミ処理業者と名乗って、不用品だけでなく貴重品の買取までやる業者もあるようです。
十分に注意しましょう。

リサイクルセンターに持ち込む

リサイクル工場

地域のゴミ処理場や自治体が不用品を回収し、きれいにしたり修復しいリユース(再利用)する事業があります。
不用品が再利用されるので、エコにもつながります。

自分で持ち込む必要がありますが、料金が無料の場合があります。
料金が発生しても手数料程度なので、高額にはなりません。

逆に家具や家電をもらうことも出来ます。
リサイクルショップのようにお金は取りませんので、家具を買うお金を節約したい人にはおすすめです。

ただ、どこも抽選などを行うようです。
詳しくは、各自治体のリサイクルセンターに問い合わせましょう。

無料のリサイクル事業に送る

宅急便

[colored_box color=”red” corner=”sq”]パソコンがメインですが、最近では無料回収をやってくれる業者が多くなっています。
中には送料も着払いでもいいという会社もあります。[/colored_box]

これらの会社は、リサイクルをするのが目的です。
そのままリサイクル品として売る場合もあれば、解体して部品を売るという事をやっています。

こういう業者なら、無料で処分することも出来ます。

リサイクルショップで売る

リサイクルショップ

近頃はリサイクルショップも多くなりました。
多い場所だと、100m以内に数店舗リサイクル会社が出店しているという場所もあります。

ここでは、買い取ってくれる場合があります。
状態が悪くても、無料の場合がほとんどです。

こういったお店に持ち込む事で、逆にお金をもらうこともできるので任期があります。

オークション・フリーマーケットで売る

フリーマーケット

こちらはネットで出品したり、フリーマーケットのブースで売る方法です。
自分で決めた金額で売る事が出来るため、メリットは大きいです。

ただ、自分で取引をするため、手間と時間がかかってしまいます。
忙しい人には不向きです。

最近では、オークション代行やネットショップ代行をしている業者もありますので、利用するといいでしょう。

いかがでしょうか?
これからますますゴミ処分にお金がかかる時代です。

どうやって料金を節約すればいいのか、一度考えて見ましょう。