猫ホイホイを漫画で説明_001

猫は箱に入るのがお気に入りです。
箱や袋を見つけると、覗き込んでは入り込もうとします。

ひと昔流行った猫鍋も、そのひとつですね。

最近では「猫ホイホイ」や「猫転送装置」が流行ってます(笑)
話題の猫転送装置の動画をご紹介します。

この実験で猫は天井のカメラがわかるというのも実証されました。
猫の会話はアイコンタクトというのもわかりますね。

一体なぜ猫ホイホイや猫転送装置が実現するのでしょうか?
猫が箱や袋に入ってしまう理由は、3つの本能にありました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

猫の3つの本能・習性を利用した猫ホイホイの原理

猫ホイホイにが入る理由

猫ホイホイとは、段ボール箱や紙袋の事を指します。
箱状のものを置くと、興味心身に近づき中に入り込もうとするのをよく見かけます。

その原理は、本能にありました。
猫は「狭い場所」と「暗い場所」が大好きです。
※猫だけではなく、ネコ科の動物すべてが該当します。

人でもトイレという小さな空間にはいると落ち着きますよね。
それと全く同じです。

猫も一人(一匹)で落ち着く空間がリラックスできるんですね。

そしてもうひとつ重要な本能が、
いろんな場所を探検する「好奇心」も持ち合わせているということです。

「暗い」「狭い」「好奇心」3つの習性や本能がある

猫特有の3つの本能とは

まず猫の習性として、見知らぬものがあれば興味心身になり近づいていきます。
箱や袋は暗く狭い空間なので、ついつい飛び込もうとしてしまうのです。

最近はダンボールや袋だけではなく、
床にわっかを作ると入り込む習性も発見され、
猫転送装置が作られました。

実はこれ座布団の上に座ったり、寝る猫の動作とぴったりですね。





猫ホイホイの習性を利用したのが、猫ベッドや猫のトイレです

猫トイレやベッドも同じ原理

猫ベッドは、丸型や四角型がありますが、
どちらとも小さな空間担っています。

狭くても、猫にとっては居心地がいい空間になります。

トイレの場合も同じです。
もし何もないところだと、トイレが覚えられない(あちらこちにしてしまう)という事もあります。
※公園の砂場や下段も同様です。

犬のようにどこでも良いというわけではありません。
※犬は主に電柱に小(マーキング)をする習性・本能がありますが猫とはちょっと違います。

猫ホイホイ・猫転送装置の作り方

猫ホイホイ・猫転送装置の作り方

作り方は簡単です。
ダンボールを置くか、紐をわっか状にしておくだけ(笑)

形はどんなものでもOKです。

大きさは猫がちょこんと座れる程度です。
猫が本を読むのを邪魔をすしたり、勉強や仕事机に遊びに来て邪魔な場合は、
猫ホイホイか転送装置を作ってあげましょう。

すると落ち着いてくれます。

ですが、一番強力なのはいうまでもなくダンボールです。
やはりわっかだけでは暗さは確保できません。

大き目のダンボールを用意して、猫にくつろいでもらいましょう。
ちょっとした工夫で、猫と楽しく過ごしましょう。