父の日のプレゼント

2016年の「父の日」は、6月19日日曜日(第3日曜日)です。

お父さんに日ごろの感謝の気持ちを伝えようと思うけれど・・・、

  • 「プレゼントは何を贈ればいいんだろう?」
  • 「他の人は何を贈っているんだろう?」

こんな風に思っていませんか?

私もそんな一人です。
毎年、「父の日」と「母の日」だけでなく、誕生日のプレゼントでも悩みます。

「今の流行りは何だろう?」「他の人のプレゼントも参考にしたい」と思ってしまいますよね。

そんな私が50人にアンケートで尋ねてみました。
あなたも父の日のプレゼント選びで迷っていたら参考にしてください。

※母の日のプレゼントも迷いまぜんか?こちらも合わせてご覧ください。
母の日にプレゼント一番喜んでくれたものは?アンケートで50人に聞いてみた

 

【過去に贈って】お父さんが喜んでくれたプレゼントランキング

アンケート結果 商品一例
1位 普段着
(6人/50人中)
ポロシャツ、アロハシャツ、毛糸の帽子、ジーンズ、ベスト、セットアップした服
2位 食べ物・お菓子
(6人/50人中)
焼き菓子、うなぎのセット、手作りチョコ、おつまみセット
3位 日用雑貨品
(5人/50人中)
名入りのカップ、入れ物、保温ポット、ホルダーカバー、エチケット用品(竹炭靴下、ハンカチタオル、消臭剤、豚毛のブラシ)
4位 飲み物
(4人/50人中)
毎晩飲むアレ(缶セット、一升瓶、ボトルなど)
5位 ネクタイ
(4人/50人中)
通常のネクタイ以外にも、アスコットタイ(イギリス発祥の紳士ネクタイ)という声も
6位 スポーツ用品
(3人/50人中)
帽子、ジャージ
7位 財布・小銭入れ
(3人/50人中)
ブランド物など(名刺入れとは別)
8位 ベルト
(2人/50人中)
ブランド物など
9位
(2人/50人中)
スニーカーなどのスポーツ関係も人気
その他 コロン(香水)、マホカバー、ワイシャツ、家電、現金、時計、名刺入れ、旅行,DIY用品(日曜大工)

一番人気は普段着用する「洋服」

毎朝お父さんが着ている服装といえば、スーツ姿や作業着でしょうか。

部屋にはビシッと決まったスーツがたくさんあるけれど、
休日着ている洋服はあまり「おしゃれっ気」がない服装が多いかもしれません。

そんなお父さんに、おしゃれな服を贈るのもいいかもしれません。

50人アンケートには、こんな声が届いています。

あまり自分で洋服を買いに行ったりする父親ではないので、
似合いそうなものを選んでプレゼントしました。
私の父はあまり服を買わないので、上下セットでプレゼントしました。

ただし、あまりにも派手な色柄はやめた方がいいでしょう。

年齢を重ねるにつれ「似合う・似合わない」が出てくるので、年相応のデザインのポロシャツを着てほしいと思い、ポロシャツを選びました。

「帽子」もシーズン的に人気

6月の第三日曜日といえば、初夏の時期です。
暑くなる時期ですので、日射病対策に帽子を贈る方も多いようです。

また、夏だけでなく冬にも使える帽子もいいかもしれません。

アンケートでは脳卒中にまつわる回答もありました。

寒い時期は頭を冷やすと脳などの血管に良くないみたいなので、温かい帽子を選んで良かったと思います。

2位「食べ物・お菓子」和菓子以外にも、男子系スイーツも

あなたのお父さんは甘党ですか?
それとも、辛党でしょうか?

甘いものが好きなお父さんには、和菓子やスイーツの詰め合わせを贈るといいかもしれません。

父がお気に入りのケーキ屋さんの焼き菓子セットをあげたところ、大変喜ばれました。
父は甘いものが好きだし、ガトーショコラなら私も作れる得意なお菓子なので、父の休日に合わせて作って渡しました。
ワンホールのまま渡したので、結局家族みんなで食べることになりました。

ただし、年を重ねるごとに体調に変化が出てしまいます。
糖尿病などへの配慮も忘れてはいけません。※母の日も同様です。

 

初夏に「うなぎ」をプレゼントでスタミナをつけてもらう

夏の食べ物といえば、土用の丑の日「ウナギ」が思いつくかもしれません。

スタミナ豊富な食べ物ですので、初夏にはいいかもしれません。
ただし、土用前ですので出荷数が少ないため、値段が少々高いかもしれません。

父に少しでもスタミナを付けてもらいたいと思い購入しました。
自分では買わないけど貰うと嬉しいプレゼントだと思います。

関連記事:なぜ「土用丑の日」はうなぎ?うなぎの豆知識

 

3位日ごろ使う小物関係は喜ばれる傾向に

男性は、意外と小物を持つ習慣は少ないかもしれません。
それにプラスして、自分で購入する事も少ないでしょう。

たとえば、ブラシやハンカチなどのエチケット用品、消臭剤などは買わないお父さんも多いようです。

しかし、ハンカチを持ちたくないお父さんも、ハンドタオルなら持つ人も多いです。
汗をかく時期ですので、こうした「実用的な小物」は喜ばれる可能性が高いといえます。

また、このような声もいただきました。

豚毛のブラシは、薄毛に良いときいたので、豚毛のブラシにしました。

豚(猪)毛で出来たブラシは、頭皮マッサージに最適なんだそうです。
こうしたプレゼントは、もらってもうれしいものかどうかはご本人の受け取り方次第といえますので、ご注意ください。

 

防臭・抗菌系の靴下も

汗のにおいが気になる時期が始まる前です。
靴下のにおいも気になるでしょう。

最近では、防臭加工の靴下が多く出回っていますので、プレゼントにもおすすめです。

また、靴下は消耗品です。
お父さん自身が買っていたとしても、たくさんあっても困らない物といえます。

プレゼントとしては適品ではないでしょうか。

 

健康志向のお父さんに「スポーツ用品」

昨今では健康志向の方が増えています。

30代40代のお父さんならまだしも、50代を過ぎたあたりから体力は衰退してしまいます。
年齢とともに体力の衰えも自覚してくる時期がやってきます。

仕事帰りに「ウオーキング」をしたり、ジムに通うお父さんが増えきています。

そういう傾向があれば、ジャージなどのスポーツ用品(グッズ)をプレゼントしてみてもいいかもしれません。

ジャージであれば、サイズが多少大きくても問題ありませんので、サイズを図らなくてもプレゼントできます。
※ブカブカな服装は安全面でよくありませんので、ある程度は適正なサイズを選びましょう。

 

「名刺入れ」「ワイシャツ」「ベルト」は?

私が昔贈った父の日のプレゼントといえば、名刺入れ(財布とのセット)です。
あとは、ワイシャツやベルトでしょうか。

これらもまだ人気もあるプレゼントだといえます。

 

ワイシャツ選びはクールビズに注意

しかし最近では、多くの会社がクールビズを採用しています。
どのようなワイシャツを贈るべきかは事前調査が必要かもしれません。

どこかの役所では「スーパークールビズ導入でアロハシャツ以外着れない」というところもありました。
さりげなく、どのようなワイシャツがいいのかを聞き出すことをおすすめします。

 

名刺入れはペーパーレス化に注意

ビジネスマンの必需品でもある「名刺」は、近年では環境に配慮してペーパーレス化が進んでいる傾向があります。

もし、お父さんがそのような会社にお勤めであれば名刺入れは不要かもしれません。

しかし、まだまだ導入が多いというわけではありませんので、そこまで考える必要はないかもしれませんが一応念頭に入れておきましょう。

 

まとめ:父の日のプレゼントは、感謝の気持ちを表すだけでもOK

父の日に限りませんが、特別な日にプレゼントを贈ることが大切といえます。

「毎日必死に働いてくれているからこそ、生活が出来るのですから、感謝の気持ちを伝えるだけでもいいのではないでしょうか?

もちろん形に残るプレゼントでもいいと思います。

物を贈るなら記念日のプレゼントを長く使ってくれるお父さんも多いので、長持ちするプレゼントを贈るのがベストかもしれません。

 

記念日のプレゼント ピックアップ記事

こちらの記事も参考になるかもしれません。