捨て猫トラブル急増中

冷たい雨の中、小さく震える子猫を見つけたらどうしますか?
こんな震える子猫を見ると、
ついつい持ち帰ってしまう人は多いようです。

「拾った猫が、実は迷子の猫だった!」
捨て猫・飼い猫を巡るトラブルが急増しています。

例え飼い主に返しても、飼い主からは、誘拐犯だと訴えられるかもしれません。
こうなってしまうと、お互い嫌になりますね。

では迷い猫なのか、捨て猫なのか、
どのように判断すればいいのでしょう?

それには、しっかりとしたルールを確認する事で解決できます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

捨て猫を拾った時の手順まとめ

捨て猫を拾った時の手順

  1. まずは外見で捨て猫かを判断
  2. 警察に遺失物届けを出す
  3. 3ヶ月間飼い主が現れなければ正式な飼い主になる

それぞれ詳しく見てみましょう。

外見から飼い猫か捨て猫かを判断

外見から飼い猫か捨て猫かを判断する方法

  • 毛並みの良さ
  • 首輪
  • 身元が分かるもの

これらで迷い猫なのか、捨て猫なのかを判断する必要があるとあります。
ですが、性格には判断できません。

猫は犬と違って、
首輪をつける法律がありませんので注意をしたいところです。

捨て猫は警察に落し物届け(遺失物届け)を出す

捨て猫は警察に落し物届け(遺失物届け)を出す

落し物として、3ヶ月間は警察が情報を発信してくれます。
3ヶ月までは、仮の飼い主として飼う事もできます。

もちろん自分で飼い主を探す事も大切です。

家で飼う事ができない場合は?
警察が保護するわけには行きませんので、
都道府県などの自治体か、動物愛護相談センターが預かる事になります。

3ヶ月で飼い主が見つからなければ飼い主になる

3ヶ月で飼い主が見つからなければ、
正式な飼い主になる事ができます。
(自治体・動物愛護相談センター保管の場合は、処分orボランティアが飼い主を探します。)





猫を飼うときは手続きは不要

猫は犬と違って自治体への登録がありません。
※犬は狂犬病があるので、登録料が3千円程(自治体による)が必要です。
予防注射は年1回

ただ、野良の捨て猫の場合、健康状態を確認するためにも、
一度動物病院での診察をおすすめします。

検査内容によりますが、5000円~1万円は必要です。

猫1匹の費用は月5000円以下で飼えます

5000円あればリッチな猫缶とトイレの砂が買えます。

トイレの砂は月1回~2回定期的に変える方法もありますが、
汚い部分だけ取り除いて補充する方法もあります。

ウンチはトイレに流す方針でいくと、生ゴミが臭くならないのでおすすめです。

年を取ると、病院に行く回数を増やす必要もあります。
定期的な検診を受けさせてあげると、長生きしてくれます。