神社参りの手順がわからない場合を漫画で説明_002

毎年初詣で参る神社が決まっているという人も多いようです。
現に私も、家族で行く時は毎年決まっていて、同じ神社でした。

初詣の神社はあっていますか?

2015年の恵方は西南西

でも本当は、
「自宅から恵方の方角にある神社またはお寺に参拝する」
が正しいということでした。

2015年の恵方は「西南西」

恵方とは?
その年に縁起が良いとされる方角です。

最近では2月の節分に「恵方巻き」を食べる人も多いので、
ご存知の方も多いかもしれません。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

神社参拝の正しい手順

初詣の神社参りの手順を漫画で説明_001

神社に参拝する時は、手順があります。
ここではおさらいをしておきましょう。

神様に会う前に手水舎(てみずや)で身を清めます

手水や手順

  1. 左手→右手の順に清め、
  2. 左手で水を受けて口をすすぎ
  3. もう一度左手を清める

神殿の前に行ったら

お賽銭の入れ方

  1. 神殿の前で一礼して挨拶
  2. お賽銭を入れ
  3. 鈴を鳴らす(神様に来た事を知らせる)

二拝二拍手一拝が基本

二拝二拍手一拝

  1. お辞儀を2回して
  2. 手を2回叩いて心の中で祈りを念じます。
  3. 最後に一礼して帰ります。

※地域の伝統によって、異なる事もあります。

有名な神社や大きな神社に行くと、
人が多くて鈴を鳴らす事が出来ない事もあります。

人が多い参拝という事で、神様も気が付いていらっしゃるので
鳴らす必要はないとのことです。

普段人が少ない時も、同じ手順で祈願する事ができます。





お賽銭はいくらが相場?

お賽銭の相場

神様に祈りを捧げるのに、
「5円や10円では足りないのでは?」と、
思う方も多いかもしれません。

昔のお賽銭は、石でした。
自分の感謝の気持ちを、魂と一緒に石に込めて奉納していたのです。

それが現代では、お金にすりかわりました。
その為、気持ちが込めてあれば、お賽銭はいくらでもいいのです。

おみくじは何のために引く?

おみくじの意味

参拝をした後は、おみくじで占う人も多いです。

願いを伝えた人は、
「その願いを達成するには、どうするべきなのか」
返事をもらうという意味もあります。

そうでない方も、
「今年一年どんな年なのか」占う為にも引く人が多いようです。

おみくじの内容は、
人には言わず「自分の心の中だけにしまっておくといい」といわれています。