全国小中学校エアコン補助金

文部科学省は、全国の公立小中学校のエアコン設置状況結果を報告しました。
それによると、公立学校では、全体の30%ほどしかエアコンの設置が進んでいない事が分かりました。

それに対して、私立の設置件数は7割強という結果になりました。

夏暑くて勉強にならない子供達もいるという事で、文部科学省は補助金を出す事になっています。
今後はエアコン設置をする小学校、中学校も増えていくようです。

文部科学省発表エアコン設置件数
画像・参照:公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査の結果について:文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/05/1348060.htm

「暑い地域ほどエアコン設置が多い」わけではないないようです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

2015年度各都道府県別、公立小中学校のエアコン(冷房)設置件数まとめ

文部科学省調査結果

調査結果を見ると、各都道府県でエアコンの設置件数がバラバラです。

エアコン設置が一桁の地域

  1. 北海道1.7%
  2. 青森3.6%
  3. 岩手5.1%
  4. 宮城9.9%
  5. 秋田5.2%
  6. 長野県7.5%
  7. 愛媛9.5%

北海道や東北は涼しいのかもしれません。
長野県も同じくらい涼しいのでしょうか?

四国の愛媛が、1桁にランクインされているのは意外です。





小中学校のエアコン設置件数日本一は、東京都81.3%

東京都の小中学校には、エアコン普及率が80%以上と、
快適な学習環境が準備されているのが分かります。

都会だからといって、設置数が多いわけではない

ここで改めてお伝えしたいのが、
都会だけが優遇されているわけではありません。

愛知16.4%、大阪41.3%、福岡22.6%と、副都心は多くありません。

東京以外にエアコンが多い地域

  1. 香川県69.2%(全国2位)
  2. 沖縄県65.0%(全国3位)
  3. 京都府57.0%(全国4位)
  4. 神奈川県55.4(全国5位)
  5. 滋賀県50.5%(全国6位)

香川県が沖縄よりも多いという事で、学習環境が充実しているといってもいいかもしれません。

九州地方は沖縄以外20%代

  • 福岡22.6%
  • 佐賀22.5%
  • 長崎15.2
  • 熊本23.0
  • 大分17.2
  • 宮崎23.5
  • 鹿児島28.3

九州も暑いと思いますが、エアコンは少ないですね。
汗を流して勉強する子供達は大変かもしれません。
(他の地域もですが・・・)

今後は最大2億円の補助金が、国から支給

エアコン設置の補助金概要文部科学省

文部科学省が、今後は冷暖房が出来るエアコンを設置することを推進しています。
公立学校はもちろんですが、私立も充実するのではないでしょうか?

こういった学習環境から、教育格差が起こらないようにしたいですね。