9割の家庭で決められている6つのルールタイトル

最近は、格安SIMによるスマートフォン利用が多く、
1台あたり月額900円から利用できるようになりました。

性能は若干劣りますが、
それでもお小遣い程度で持つ事ができます。

となれば、
「子供にスマートフォンを持たせたい。」
と思う親御さんも多いです。

ですが、新聞やニュースでは
インターネット経由の事件やいじめが相次いでいます。

子供にスマートフォンを持たせるのは、ちょっと不安ですよね。

そのようなお母さん、お父さんに知っていただく情報があります。

警視庁が毎年行っている「安全安心モニター」で、
子供のスマートフォンに関するアンケートが行われました。

「安全安心モニター」の対象者は、
東京都内に在住の子持ちのお父さんお母さんです。

その結果の一部を、ここでご紹介いたします。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

警視庁が独自に行った調査「安全安心モニター」からみる6つのスマホルール

子供にスマートフォンを持たせる場合、
約9割が家庭内ルールを徹底している事が分かりました。

その中で多いルールを6つご紹介します。

「安全安心モニター」からみる6つのルール結果

  1. 利用できるアプリを制限する:78.2%
  2. フィルタリングを外さない:60.7%
  3. 利用できる時間を決める:54.8%
  4. ルール違反をした場合の約束事を決める:38.6%
  5. 学校には持っていかない:34.0%
  6. 利用できる場所を決める:27.5%

引用:平成26年度 けいしちょう安全安心モニター制度 第3回アンケート調査結果 :警視庁
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/monita/263_result.htm

スマホ使用時の家庭内ルールから考えられること

特に「フィルタリングの徹底」、「使用アプリの制限」の2つが目立ちます。

大手スマートフォンでは、
フィルタリング設定は、難しい事はありません。

→購入時に手続きさえ行えばしっかりとやってくれます。

ですが、格安スマートフォンの場合、
親御さんが設定する必要がありますのでご注意ください。

→フィルタリング設定ができる「セキュリティーソフト」で設定が簡単です。

ただ現在、政府が、MVNO会社(格安スマホやSIMの提供業者)に、
フィルタリング設定をするよう働きかけています。

今後は、購入時にフィルタリングの設定をやってくれる可能性もあります。
※現在はまだ未定





家庭内ルールをしっかりと徹底させる理由

さらに、警視庁のアンケート結果には、
子供にスマホ使用ルールを徹底させる理由も書かれています。

子供スマホにルールを徹底させる理由アンケート結果

  1. 子供が犯罪の被害等に遭うのを防ぐ58.1%
  2. 違法・有害な情報(サイト)の閲覧をさせない46.5%
  3. スマートフォン(ゲームやメール等の利用)に依存させない36.6%
  4. 現実社会と同様にルールやマナーは必要27.5%
  5. 友人間のトラブルが心配17.6%
  6. いじめが心配7.2%
  7. なんとなく不安2.6%

引用:平成26年度 けいしちょう安全安心モニター制度 第3回アンケート調査結果 :警視庁
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/monita/263_result.htm

ルールを徹底させる理由から考えられること

現代社会において、犯罪の被害が多いのは、
やはりインターネット経由である事が多いです。

警察によるサイバーパトロールやホワイトハッカーの育成はあるものの、
何十億もあるインターネット上のサイトを監視できるわけではありません。

お子さんが被害に遭わないようにするには、
ご家庭内で、ルールの徹底が必要になります。

インターネットによるいじめ、社会適応能力の低下も

さらに、インターネットは気軽に連絡を取り合える反面、
親密な関係になりやすく、心の奥深くまで迷い込むこともあります。

インターネットが原因で人間関係が崩れることもありえますので、
子供のネット依存は避けたいところです。

子供の頃の使用ルールが、
人生にも大きく左右することにもなります。

もう一度お子さんと話し合い、徹底の確認をおすすめします。