エボラ拡大の推移を漫画で説明_002

エボラが世界中で広がる中、
感染者の新着発表がWHOにより昨日行われました。

発表によると、現時点では

  • 感染者が2万416人
  • エボラによる死者数8千人

と報道されています。
参照:朝日新聞
http://www.asahi.com/

ちなみに、2014年10月末時点では、
感染者1万3千人
死者5千人でした。

日本のエボラ対策の現状と流行した時の対処方法
厚生労働省が発表したエボラ出血熱対策まとめ

たった2ヶ月あまりで
感染者が7000千人の増加、死亡者数が3000人の増加です。

やはりこれは見逃せません。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

国際的にも広がりつつあるエボラ

エボラウイルスの拡大状況_002

日本でも、昨年(2014年)の12月29日にも、
感染の疑いがある男性が隔離されています。

エボラの沈静化は、2015年と発表していますが、
まだまだ底がわからない状態です。

感染対策は日々強化されていますが、完全な対策はまだ確立されていません。
まだまだ拡大する可能性があります。

2014/12/21に公開された
国境なき医師団からの動画メッセージはご覧になりましたか?

ドラマや漫画で話題になった医龍で、ご存知の方も多いはずです。

対策不足の西アフリカが今後は課題

国境なき医師団によると、
エボラが沈静化している地域と、
まだ対策が進んでいない地域があるといっています。

現時点は、西アフリカでは追いついていないということです。

医療スタッフの感染が多くなっている

西アフリカでは、
世界中から医療スタッフがあつまり、感染者の治療・拡大の防止にあたっています。

国境なき医師団もその一つですが、
それ以外にもたくさん存在します。

そのスタッフが感染してしまい、海外に輸出される事態も起きています。

エボラは完全には解明されておらず、脅威的な病気です

エボラウイルスの特効薬はまだない_003

先日、韓国から派遣された医療スタッフが、
感染者に使われていた針に誤ってささってしまい、ドイツに隔離したという報道がありました。

少し当たった程度ですが、
感染した可能性があるのです。

ここまで深刻な病気は余りありません。

やはり、エボラは深刻な病気と捉えることができます。

アフリカでも鳥インフルエンザが流行

これからは、インフルエンザウイルスも流行する恐れがあります。
もちろんアフリカも例外ではありません。

飛まつ感染も拡大する恐れがあるので、注意が必要だということでした。