国内旅行保険漫画_001
夏休みが近いですね。

今年はどこに行くのかもう決まりましたか?
海外旅行?それとも国内?

国内旅行でも、万が一に備える保険があるのをご存知ですか?
怪我や事故はどこにいても、遭遇する危険性があります。

例え国内で事故が起きても安心できません。
国内といえども、知らない土地では備えておいた方が無難です。
特に山や海など、自然の中に行く時には何が起こるのかわかりません。

ですが、どんな保障をしてくれるのかご存知ですか?

今回はそんな「国内旅行の保険」についてご紹介いたします。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

国内旅行の保障は何があるのかご存知ですか?

国内保険保険対象

保険があるといっても、必要ない保障だったら意味がありません。
それに、必要な保障や不要な保障は人によって違ってきます。

まずはどんな保障があるのか、確認しましょう。

一般的な国内保険の保障
[check_list image=”check1-r”]
  • 旅行先での転倒や事故によるケガ
  • うっかり壊してしまった時の賠償責任
  • 自分の持ち物の盗難や破損
  • 旅先で入院して家族がお見舞いに来る費用
[/check_list] などがあります。

これは保険のプランによって、オプションとしてつけるのが前提になっている場合があります。
保険に入る前に、ご自身で確認しておきましょう。





国内旅行の保険は安い?

国内旅行の保険料

日帰りや1泊2日プランもあり、保険料も200円~1000円程度でも入る事が出来ます。
お手ごろなので、万が一に備えて入っておきましょう。

ですが、通常の保険と一緒で保険加入の費用が安ければいいというわけではありません。
安いプランは保障の対象外になったり、保証金額が低い場合がほとんどです。

要らない保障しかなかったら意味がありません。
必要な保障があるのかは、前もって聞いておく必要があります。

レジャーの保険

ゴルファー向けの保険もある

ゴルフの保険とは

お父さんやおじいちゃんなど、ご家族でゴルフをやっている方はいらっしゃいませんか?

ゴルフは趣味や娯楽で多くの人がやっています。
プロゴルファーの若年化?で若い人も多くなってきましたね。
団塊世代と呼ばれる方も退職後に始めた人も多いようです。

ですが、球技であり、スポーツあるので当然ケガをしてしまうこともあります。

ゴルフで多い事故とは?
[check_list image=”check1-r”]
  • ゴルフボールが(自分または他人の)頭を直撃
  • ドライバーで足を叩いてしまった
  • 突然雷が落ちてきた
[/check_list] など

考えただけでもゾッとします。

野外の球技スポーツですので、事故が起こる可能性があります。
もし何かあっても、保険に入っていれば安心ですね。

ゴルファー保険の保障はケガだけじゃない

ゴルフの保険の保障対象

ケガ(特に他人への賠償)も恐いですが、物損事故も恐いですね。

例えばこんな事故や盗難
[check_list image=”check1-r”]
  • ゴルフ練習場で借りたゴルフクラブが折れた(曲がった)
  • ゴルフセット一式盗まれた
  • ホールインワン・アルバトロス(ダブル・イーグル)でお祝儀や祝賀パーティー
[/check_list] など

これらはオプションになりますが、保障してくれるとありがたいですね。
ゴルフクラブは高いので、買うとなると大きな出費になります。

また、条件も厳しい事が多いようなので注意をしましょう。

[check_list image=”check1-r”]
  • セルフプレー中のホールインワンは無効
  • ゴルフクラブ以外のゴルフ用品は対象外
[/check_list] など

ゴルファー保険料は結構安い?

ゴルフ保険の料金2_013

数千円で1年間保障というプランもあります。
年間を通して、ゴルフをする人にはおすすめです。

その他にも、ご自身が加入している保険に含まれている可能性もあります。
そういった点で見直してみてはいかがでしょうか?

クレジットカードに国内旅行や海外旅行の保障はありませんか?

クレジットの保険2_014

ここまで、保険会社について書いてきましたが、実はクレジットカードに保険が付いているカードもたくさんあります。

自動付帯保険といいますが、クレジットカードをお持ちなら、自動的に保険が付いている場合もあります。

ですが保障金額が少なかったり、ケガなのか病気なのかなどの保障が対象外だったり、対象外地域だったということも多くあります。

ですが、ないよりはマシです。
万が一の時は、問い合わせてみましょう。

万が一の保険