新幹線の券売機

2016年3月26日、北海道新幹線が開業します。
ちなみに、北海道新幹線と呼ばれる車両は2つあるのはご存知でしょうか?

  • はやぶさ
    東京・仙台~新函館北斗 間
  • はやて
    盛岡・新青森~新函館北斗 間

※新函館北斗駅は、2016年3月26日に開業する新幹線が発着する駅の名前です。
(現在の「渡島大野駅」から駅名が改称されます)

※2016年3月10日現在、GoogleMAPでは新幹線の時間が計算できませんでした。

「はやぶさ」と「はやて」の違いは「のぞみ」と「さくら」?

「はやて」は東北からしか乗れません。
東京駅で見る(乗る)ことができる北海道新幹線は「はやぶさ」だけということです。

例でいうなら、九州新幹線「さくら」と山陽・東海道新幹線「のぞみ」と同じような感じです。
(詳細は違いますが・・・)

  • さくらは、「鹿児島-大阪」間
  • のぞみは、「福岡(博多)-東京」間

さて、「はやぶさ」と「はやて」はいくらで乗れるのでしょうか?
調べてみました。(2016年3月10日現在の情報)

 

東京→札幌「はやぶさ」の大人1人の料金は「片道26,820円」(割引なし)

北海道新幹線はやぶさの料金表
出典:北海道新幹線スペシャルサイトより http://hokkaido-shinkansen.com/wp-content/uploads/2016/02/price.pdf

JR北海道函館支社(http://jr.hakodate.jp/)によると、
北海道新幹線で、東京駅から札幌に行くと最安値で「片道26,820円」です。

あくまでもこれは、最長区間の「東京-札幌」間の通常料金です。
(乗車券+指定席特急券+従来線の割引適用)

他の駅までであればもう少し安くなりますし、事前の予約割引もあります。
※新函館北斗(旧 渡島大野駅)までなら22,690円です。

 

羽田空港(東京)-千歳空港(札幌)間JAL/ANAともに通常4万円

羽田-千歳間料金JAL ANA LCC
出典:格安国内航空券予約【大黒屋トラベル】より

実は、飛行機(JALとANA)の料金が高いようです。
ANAとJALの通常価格は両社とも40,190円です。(片道・割引なしの場合)

ただし、最近流行の格安航空会社LCC(Low Cost Carrier)を使うと料金差が出てきます。
ツアーなどで安くすることもできます。

SKY703は、LCCのスカイマーク社が運航する国内便です。
通常運賃でも3万円、特割だと19,290円です。
※特割の条件:いま得→3日前までの予約購入、特割1→2日前~前日まで予約購入可能。

正しい運賃の比較はこちら:大黒屋トラベル

 

ただし、移動にかかる時間は3.5倍以上

安さで比較すると、「はやぶさ」の方がお得かもしれません。

しかし、移動時間を考慮すると、飛行機の方が早く着きます。

  • はやぶさは、東京駅-新函館北斗 間で約5時間(東京-札幌間は8時間)かかりますが、
  • 飛行機は、1時間30分です。

実際には搭乗している時間のみで、空港から駅まで移動時間は考えていません。

乗っている時間を、観光に使えると思えば「格安航空会社がいい」のかもしれません。

 

「北海道新幹線が高い」といわれる理由は、グランクラスの存在?

ちなみに「はやぶさ」にはグリーン車とグランクラスがあり、それぞれ料金が高くなります。
特にグランクラスは、飛行機でいうファーストクラスにあたる特別車両ですので、料金が1.5倍ほど高くなります。

東京-新函館北斗間の場合 料金 合計
グリーン車料金 通常車両の料金+7,370円 3万060円
グランクラス(ファーストクラス) 通常車両の料金+15,590 3万8,280円

専用のアテンダント(旅客乗務員)がいたり、食べ物や飲み物を提供してくれます。
(ANA・JAL並みのサービスといえます)

このようなハイグレードなサービスを利用すると少しばかり高いのかもしれません。

 

北海道新幹線「グランクラス」は何が特別?6つのサービス

グランクラスの内装
出典:内装|北海道新幹線スペシャルサイトよりhttp://hokkaido-shinkansen.com/vehicles/interior/
  1. 専任アテンダントによる車内サービス
    アテンダントコールにより、お客さま一人ひとりのご要望にお応え
  2. 軽食サービス
    東北・北海道新幹線の沿線各地域をイメージしたメニューとするとともに、季節感を演出し
    た軽食
  3. ドリンクサービス
    東北・北海道新幹線沿線ゆかりのもの
  4. 茶菓子
    沿線の素材を取り入れた茶菓子(パウンドケーキ等)をご用意
  5. おつまみ
    沿線ゆかりの素材を取り入れたおかきをご用意
  6. アメニティーサービス等
    ブランケット、スリッパ、アイマスク、靴べらのほか、新聞、雑誌をご用意

引用:北海道新幹線「グランクラス」のサービス内容について 北海道旅客鉄道株式会社より
https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160127-1.pdf

※注意※
営業区間によりシートのみの営業があります。

  • 仙台~新函館北斗間の「はやぶさ」
  • 盛岡・新青森~新函館北斗間の「はやて」

これらの区間ではグランクラスはシートとスリッパだけの提供で、その他のサービスはありません。(アテンダントもいない)

それでも高い料金になりますのでご注意ください。

 

東北新幹線「グランクラス」と同じ?

ちなみに、2015年3月14日に開業した北陸新幹線「かがやき」と「はくたか」にもグランクラスがあります。

サービス内容は、同じといえるようです。
(ただし、軽食の内容は地方限定のものとありますので、素材や内容は違います)

また、九州新幹線のさくらには「グランクラス」はありません。

 

グリーン車・グランクラスに「立ち乗り」はできるのか?

JRといえば、お盆や正月休みの帰省ラッシュの行き返りで、乗車率が120%を超えることがあります。

乗車率が100%を超えると、定員オーバーですので20%の人は立ち乗りということです。

この場合、自由席と指定席の車両通路に、人が立って乗ることになりますが、
グリーン車やグランクラスの車両に乗ることはできるのでしょうか?

結論から言うと、グリーン車やグランクラスには乗ることができません。
そもそも、グリーン車にはグリーン料金、グランクラスにはグランクラス料金別料金としてかかるためです。

もし、グリーン車に立ち乗りするのであれば、グリーン料金を支払うことで可能です。

逆にグリーン車が満席だったため、他の自由車両に乗る場合はみどりの窓口で払い出しができます。
※車両内ではできません。(参照:JR東日本:よくいただくお問い合わせより)