化粧水・乳液・クリームって何が違うの?どう使い分けるの?

普段肌ケアに使っている化粧水や乳液、クリーム。
意識して使い分けていますか?

それぞれどんな時に使うべきなのでしょうか?


スポンサーリンク


スポンサーリンク

化粧水・乳液・クリーム成分の違い

大雑把に書くとこんな感じです。

化粧水・乳液・クリーム成分の違い
  • 化粧水は水分>脂分
  • 乳液は水分=脂分
  • クリームは水分<脂分

成分が違えば、
それぞれ使い方や役割も違うんです。

意外と知らない人も多いようです。

それぞれ見て行きましょう。





化粧水は何で出来ているの?

乳液は何で出来ている?

化粧水は水分が大半です。

特に夏場使うということもあり、
肌の冷やし効果が主な役割です。

化粧水の正しい使い方
たっぷりとコットンにしみ込ませて、
パタパタというよりも
ぺちゃぺちゃ付けるのが
正しい使い方です。

水分が十分にしみこまないと、
化粧水を使う意味はありません。

化粧水はいつ使うのが効果的?

化粧水はいつ使うのが効果的?

特にお風呂上りは
肌の水分が不足しています。

たっぷりと使う必要があるため、
ケチらずに十分な量を使いましょう。

化粧水を使う目安としては、
顔全体の体温が冷えているかどうかで判断します。

もし、手足と同じような
体温だと化粧水の効果が得られていないという事になります。

乳液は水分と脂分が人の肌に近い成分

乳液は水分と脂分が人の肌に近い成分

乳液は化粧水とクリームの中間成分といわれています。

水分と脂分が同じ割合なので、
肌に近い成分といわれています。

それゆえに万能タイプといってもいいかもしれません。

主に春や秋などの
暑くもなく、寒くもない時期に
化粧水代わりに使う人もいらっしゃいます。

肌と同じで、水分の蒸発を防ぐ効果があります。
美容液の後に塗ることが多いです。

乳液を使う時は温めよう

>乳液を使う時は温めよう” width=”300″ height=”214″ class=”aligncenter size-medium wp-image-2262″ /></p>
<p>乳液は、<br />
肌と同じくらいまで温めて使います。</p>
<p><font color=冷たいまま使うと、
脂分と水分が分かれている場合もあるので、
いきなり付けても肌に馴染まない時があります。

まずはいったん手にとって、
手をすり合わせることで、

肌に馴染む温度に温めると
乳液本来の働きが現れます。

クリームは水分と体温を守る為の物

クリームは水分と体温を守る為の物

冬になると空気が乾燥します。

化粧水のように水分が多いと、
空気中にどんどん蒸発してしまい、
潤いが奪われてしまいます。

潤い成分の蒸発を防ぐのが
油脂成分が多いクリームです。

油脂は蒸発を抑えるだけでなく、
体温の低下もしっかり守ってくれます。

クリーム選びは種類や成分に注意

クリームは肌にあわせよう

最近では、
温感クリームが流行っていますが、
とうがらしの成分で体温を上げる効果を付け加えています。

肌が敏感な人にはちょっと刺激が強いので、
注意をする必要があるかもしれません。

いかがでしたか?
しっかりと化粧水・乳液・クリームの成分や
効果を確認して使い分けていきましょう。