掃除テクニック_001

前回は、「大掃除前に確認!効率的に物を片付ける習慣をつける方法」をご紹介しましたが、
今回はいよいよ「大掃除本番」のテクニックをご紹介します。

その前におさらいをすると、

  • 何よりも大切な事は「置き場所を決めて元に戻す」
  • 効率を良くするための置き場所の考え方
  • 頻繁に使う物は近くにスペースを作る
  • とりあえずは禁句にする
  • そしてとりあえず適当に買わない事です。

こんな内容のお話でした。
読んでいない方は→大掃除前に確認!効率的に物を片付ける習慣をつける方法

簡単に書きますと、「置き場所を決めよう!」ということでしたね。
これから掃除を始める前に、実践するべき事をご紹介します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

始める前に使う道具はすべて揃える

道具を揃えて置く事で、後から探し回る労力と時間を節約する事ができます。
毎回探し回ると、その分やる気がなくなり、疲れてしまうからです。

道具は一式揃えたら、常に定位置に置くようにしましょう。
前回でもお話しましたが、使ったら元に戻すことで効率がよくなり、
無駄な体力を使うことがない(疲れにくい)というメリットがあります。

掃除をする順序を決める

あちらこちらから始めずに一つの部屋から順番に片付けることで、
移動時間もなくなり、重複する事もなくなり効率よく終わります。

掃除の順序は、時計回りに上から下に掃除をする

後ろに行ったり、前に行ったりせずに、
入り口から壁沿いに時計回りに掃除を始めましょう。
どこまでやったのかわからなくなるし、あちこち動くと疲れますからね。

棚や窓があれば、
上から順番に掃除をする事が大切です。

下から始めれば、汚れやホコリは重力により下に落ちますので、
二度手間になってしまいます。

掃除を楽にするための習慣を意識する

毎日掃除をやる人は少ないですが、
汚れを発見したり作ってしまったらすぐにふき取る事が大切です。

汚れは時間と共に、こびりつき落ちにくくなります。

でも、汚れた直後なら軽くふき取る事でキレイになります。

面倒だからといって、拭かずにそのままにしていませんか?
特に台所の汚れは、酸化すると落ちにくくなります。

手ごろなフキンを置いておき、こまめにふき取る習慣をつけましょう。

ちょっとした心がけで大掃除も楽になるはずです。