マイナンバー個人番号カード3つの申請方法を漫画で説明

個人番号カードを作りたい場合、3つの方法があります。

  1. 郵便申請(個人番号カード交付申請書)
  2. web申請(スマートフォンやパソコン)
  3. 写真機申請(一部自動写真機のみ可能)

ここでは利用する人が多い、2つの方法「郵便申請とweb申請」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

交付申請書で申請する方法

個人番号通知カード

マイナンバーの通知カードには、個人番号カードの申請書類(個人番号カード交付申請書)がついています。(下の部分)

この用紙のおもて面は、お名前や住所が印刷されています。
電話番号はご自身で記入しましょう。

※もし印刷に間違いがあっても自筆による修正ではカードが作成できません。
自治体に電話で問い合わせる必要があります。

画像:個人番号カード総合サイト/個人番号カード交付申請書見本おもて面 https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/yubin.html
画像:個人番号カード総合サイト/個人番号カード交付申請書見本おもて面 https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/yubin.html

うら面には、あなたの顔写真を貼り、申請日とサインを入力します。

画像:個人番号カード総合サイト/個人番号カード交付申請書うら面 https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/yubin.html
画像:個人番号カード総合サイト/個人番号カード交付申請書うら面

後は、返信用封筒に入れ、郵便ポストに投函するだけです。

市販の封筒でも申請できる

  • 家族分まとめて申請できない。個別に申請したい
  • 返信用封筒を失くした
  • うっかり一人分入れ忘れた

このような時は、市販の封筒で申請してもかまいません。

送るときは、切手が必要ですのでご注意ください。
(返信用封筒で送る場合は無料です)

スポンサーリンク

スマートフォンやパソコンでも個人番号カードの申請ができる

パソコンスマートフォンによる申請案内

個人番号カードの申請も、オンライン手続きが可能になりました。
スマートフォンやデジカメで、顔写真を撮り、個人番号カードの申請サイトで手続きをすることができます。

 

日本政府が最近力を入れている、手続きのデジタル化

一番早く導入されたのが、確定申告のe-Taxです。
パソコンで、インターネットを通じて手続きを行います。

先日行われた国勢調査でも、スマートフォンやパソコンで行うオンライン窓口がありました。
将来的には、選挙投票もインターネットを使う可能性があると発表しています。

 

顔写真のサイズには注意ください。

顔写真のサイズ
画像:個人番号カード総合サイト/顔写真のチェックポイントhttps://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/checkpoint.html

番号カードを申請する際に、顔写真を1枚貼りますが、サイズや表情に注意する必要があります。

写真のサイズは決まっています。

  • 縦:45mm(4.5cm)
  • 横:35mm(3.5cm)

さらに注意する点

  1. 撮影後6か月以内の写真
  2. 正面から顔がわかるように撮影すること(帽子やマスク、サングラスは禁止)
  3. 後ろは無背景
  4. 裏面に氏名、生年月日を記入する必要があります

 

個人番号カードの受け取り方

個人番号カードの受け取りまでの流れは下記のとおりです。

  1. 申請書を提出
  2. 発行通知書が届く
  3. 指定の市町村役場に来庁
  4. 本人確認の上、手渡し

個人番号カードは、特殊な作成方法が必要です。
即日発行ができませんので、市区町村に直接行っても作成できません。

定められた手続きで行いましょう。

個人番号カード交付・電子証明書発行通知書(ハガキ)が自宅に届く

個人番号カード交付・電子証明書発行通知書
画像:個人番号の通知と個人番号カードの交付に関する事務処理について https://www.j-lis.go.jp/data/open/cnt/3/1282/1/H2707_05.pdf

個人番号カードの受け取りは、まず個人番号カード交付申請書に書かれている住所に通知ハガキが届きます
そのハガキをもって、お住いの市町村役場に行く必要があります。

基本的に、手続きで来庁するのは一度だけです。

必要書類をもって、指定された役場に期日以内に取りに行く

個人番号カードを受け取るときは、今回送付された「通知カード」と「公的身分証明書」、「ハガキ(発行通知書)」の3点が必要です。

個人番号カードを受け取るときの本人確認用身分証明書
画像:個人番号カードの交付のかかわる本人確認の措置 https://www.j-lis.go.jp/data/open/cnt/3/1282/1/H2707_05.pdf

身分証明書:運転免許証・住基ネットカード・障碍者手帳など。

忘れずに持っていきましょう。

 

個人番号カードの「認証パスワード」の設定を行う

個人番号カードには、ICが組み込まれ、様々な機能がついています。
そのため、セキュリティー対策としてパスワードを設けています。

パスワードを入力することで、本人確認を行います。
このパスワードが知られない限り、カードが盗難にあっても不正使用されるリスクが大幅に減ります。

※パスワードを複数回間違うと、エラーになり手続きができなくなります。

忘れずにしましょう。