マイナンバー法の個人番号を漫画で説明

マイナンバー法が9月3日に成立し、少しずつ全容が見えてきました。
総務省は、2016年1月から発行できる個人番号カードに、『目隠しケース』をつけると発表しました。

目隠しケースとは、個人情報である「個人番号」「性別」「臓器提供意思表示」の3つを、外部から見えなくするのが目的です。

出典:総務省|マイナンバー制度と個人番号カード|個人番号カードhttp://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/03.html
出典:総務省|マイナンバー制度と個人番号カード|個人番号カードhttp://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/03.html

なぜこのような、目隠しケースをつけるのでしょうか?
それは、個人番号が他人に漏れると、国や市区町村が管理する「個人情報」が悪用される危険性がある為です。

スポンサーリンク

 

個人番号は、個人情報に入るための「鍵」

今後個人番号カードは、公的身分証明書として使うことができます。
免許証の代わりになり、しかも「住基ネットカード(住民基本台帳)」に変わるカードです。

※住基ネットカードは、2015年12月で発行終了
(使用は、券面に記載されている期限まで有効)

使用する方は、多いと予想できます。

 

ですが住所、氏名、生年月日、性別以外にも、個人認証をするための「セキュリティーコード」等も書かれています。

このセキュリティーコードは、行政や国が個人認証をするための番号です。
個人番号は、一生使い続ける番号ですので、他の人に見られてはいけません。

家の鍵と同じで、落としたり失くしたりしてはいけません。

 

個人番号カードを身分証明書としてコピー・提示する際の注意事項

個人番号カードの使い方と注意点を漫画で説明

個人番号カードは、行政手続き・書類申請だけでなく、銀行口座の開設で身分証としてコピーを提出することもできます。

身分証として使う場合、表と裏どちらの面を見せるべきか、どちらのコピーを提出するべきか、相手によって決める必要があります。

例えば、行政に関する手続きの場合、裏面に記載されている個人番号を提出する必要があります。

個人番号で特定するために必ず必要です。

 

しかし、銀行口座開設など一般企業へ提出するの場合、裏面を見せる必要はありません。
(個人情報保護法により、一般企業は個人番号を収集できないように定められている)

ただし、2018年の「銀行口座と個人番号の結びつけ」が実施される時には、裏面の提示が求められる場合があります。

 

今後予定されている個人番号の使い道と「見せてもいい項目」

行政への申請・手続き 表面・裏面の両方が必要
銀行の口座開設・
会員証発行など
一般企業への提示
表面のみ提出(顔写真、住所、氏名、生年月日、性別、有効期限)
年末調整 裏面の個人番号が必要
健康保険証 裏面の個人番号を病院に提出
年金手帳(受給) 裏面の個人番号が必要
図書館利用カード 裏面のICチップにデータを注入(番号を見せる必要なし
マイナポータル 裏面のICチップで認証可
e-Tax(確定申告) 裏面のICチップで電子証明取得・認証(有効期限:3年間)

※コピーが出来る範囲は「一般企業は表面のみ」、「行政・雇用主のみ裏面もコピー可」と覚えると簡単です。

 

マイナンバー制度の関連情報