折りたたみ傘は便利ですね。

突然大量の雨が降るゲリラ豪雨対策に、折りたたみ傘を持ち歩いている人は多くなっています。
大きな傘を持っていても、雨が降らなければ意味がありません。
しかも、傘立てにお気に入りを立てて置いたら、なくなっていたという事になりかねません。

ですが折りたたみ傘なら、そんな事はありませんよね。

かばんや会社のロッカーや引き出しに、予備として折りたたみ傘を入れておくだけで安心できますね。
人気の折りたたみ傘カーボン得する漫画_001


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最新の折りたたみ傘が人気の理由

でも折りたたみ傘というと、デメリットが多いと思われがちです。

誤解されやすい折りたたみ傘のデメリット
折りたたみ傘の誤解得する漫画
  • かさばる
  • 重い
  • 乾きにくい
  • 値段が高い
  • おしゃれじゃない

ですが最近の折りたたみ傘はまったく違います。
どんどん進歩してきています。
そこで今回は、軽量で丈夫なカーボン素材の人気折りたたみ傘についてまとめてみました。

折りたたみ傘の改良点

折りたたみ傘と少女

折りたたみ傘は、日々進歩しています。
いろんな機能やバリエーションで品揃えされているので、使い心地も良くなっています。

折りたたみ傘の進歩している機能一覧
  • ズボンポケットに入るほどのコンパクト軽量サイズ
  • 軽くても丈夫なカーボンの骨組み
  • カーボンなので値段がリーズナブル





軽量化でコンパクトサイズの折りたたみ傘

折りたたみ傘改良秘話

傘といえば、「重たい」「天気がいいときは邪魔」など、デメリットが多いですね。
折りたたみ傘も天気がいい日はハッキリいって邪魔な存在ですね。

かばんに入れてると重いし、使ったら濡れたままかばんに入れる訳には行きません。



そこで、折りたたみ傘のメーカーの開発者さんは考えました。
「軽くて丈夫」さらに「コンパクトなサイズ」の傘はないのだろうか?

従来の傘の骨組みはステンレスが多く採用されていました。
それは安くて加工がしやすく、しかも耐久性があったからです。

ですが、今では軽くて丈夫なカーボン素材も安価で手に入りやすくなって来ました。
そこでカーボンを骨組みに入れて作る事で、軽くて丈夫な折りたたみ傘を実現したのです。

カーボン素材が折りたたみ傘にあう理由

特にカーボン素材の特徴は、傘と相性がいいのです。
カーボンと傘は相性抜群

  • しなりが良くて折れにくい
  • 軽くて加工がしやすい
  • 水気に強くさびにくく長期的に使いやすい



こういった利点を利用したカーボン素材の折りたたみ傘が多くなったのです。

カーボン素材の傘