スリーエフは、関東を中心にしたコンビニエンスストアです。

コンビニエンスストアのお買い物といえば、「24時間営業+定価」が相場です。
これは「いつでも開いている」という、サービス料金を上乗せしているからといえます。

しかし、そんなコンビニエンスストアでも安く買うコツもあります。

スリーエフでは、「Tカード会員」にメリットがあります。

その他にも、モバイルF会員などの独自クーポンを利用することで安くすることができます。

スポンサーリンク

Tカード提示で「200円毎に1ポイント」貯まり、「1ポイント=1円相当」で使える

Tカードとは、ツタヤやYahooなどのポイントがたまるカードのことです。

Tカードを提示するだけで、「割引」を受けられたり、「Tポイント」が貯まります。

※スリーエフでは、「200円毎に1ポイント」貯まり、1ポイント=1円相当で使えます。
その他にも、ボーナスポイントが付く商品もあります。

スリーエフでは全店でTポイントカードを貯めたり、使うことができますのでTカードを提示しないのは損です。

貯まったポイントは1ポイントから利用できます。

こまめに貯めることで、こんなことができます。

  • 全額ポイントでお支払(お財布フリー)
  • 小銭が足りない時などに端数分をポイントで支払う

 

Tカードをレジで提示するだけでポイントが貯まる

ポイントの貯め方も、商品を購入時にレジでTカードを提示するだけなのでとても簡単です。
もちろん他社のTポイント提携店で貯めたポイントをスリーエフで使う事も可能です。

Tポイント加盟店一覧:提携先サービス早見表 | Tサイト公式ページ

 

ただし、「ポイント対象外の商品」には注意しよう

Tポイントを貯める時の注意点ですが、「ポイントで購入できない商品」「ポイントが貯まらない商品」があります。

収納代行(公共料金を含む)、スマートピット、オンライン決済、切手・はがき・印紙、カード類(テレホンカード、プリペイドギフトカード等)、金券、チケット類(映画券、レジャーチケット等)、プリペイドサービス、コピー等

引用:Tポイント|スリーエフ公式ページより

※主に「換金できる商品」や「他社の商品やサービスの支払い」などがポイント対象外になります。
(付与・使用両方に使えません)

これは他のコンビニでもそうですので、覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

スリーエフの会員サイト「モバイルF会員」でさらにお得

モバイルF会員パンフレット
出典:モバイルFクーポン|スリーエフより http://www.three-f.co.jp/shop/mobile-coupon.html

スリーエフの会員サイトである「モバイルF会員」に登録することで、さらにお得にポイントが貯まります。

まずは、「モバイルF会員」に登録し、Tカードの番号を登録しておく必要があります。

Tカードの番号を登録した後は、商品を購入する際にTポイントカードを提示するだけです。
なので面倒なこともありません。

モバイルF会員は、店舗で「会員対象のポップがついた商品」を買うと、ボーナスポイントが加算されます。

その他にも、Fメルマガを登録しておくとキャンペーンなどのお得な情報も送られてきますし、モバイルFクーポンなどの無料配布があったりもします。

 

ただし、「無料クーポン」は画面の提示が必要

無料クーポンなどを利用する場合は、レジでモバイルサイトを開いて、Tポイントカードと一緒に見せる必要があります。

この点は、やや面倒ですが無料で交換できますのでかなりお得といえます。

 

スリーエフ出やすく買うなら「曜日」にも注目

コンビニエンスストアでは期間により商品が安く買える事がありますが、
スリーエフでは「曜日ごとに割引キャンペーン」を行っています。

買いたいものは曜日を選んで買い物をすることで安く購入することができます。

2016年9月現在では、毎週3つのセールがあります。

  • 水曜日:やきとりの日
  • 木曜日:中華まんの日
  • 金曜日:おでんの日

その他にも水曜日限定ですが、お弁当の50円引きセールやパスタ・グラタン・ドリアなどの30円引きセール、税込160円未満のおにぎりや手巻き寿司がワンコインの100円で購入することができます。

ワンコインでおにぎりが買えうことができますので、お昼時のサラリーマンの方にとっても出費が抑えられる嬉しいサービスです。

意外と知らない?コンビニで安く買うコツ(2016年版)

知らなかったら損をする?【お買い物ポイントカードの得する情報】

ちょっと古いかも?な「得する情報」