アンドロイド人形

身近の人にiPhoneをお持ちの方は、どの位いらっしゃいますか?
もしかしたら、およそ6割がiPhoneユーザーかも知れません。

平成25年、総務省が世論調査で、
「スマートフォンの保有率」を調査したことはご存知でしょうか?

パソコンや携帯、スマートフォンなどの通信機器を、
実際に持っている家族がいるのかどうか。
何台持っているのかを調査したデータです。

総務省「平成25年通信利用動向調査」
(出典)総務省「平成25年通信利用動向調査」
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05.html

このデータを見ると、
62.5%の人がスマートフォンを持っているのが分かります。

さらに、別のデータからですが、
スマートフォンユーザーの6割がiPhoneを持っているという統計もあります。

そのデータを見ると、iPhoneの普及率が高いことが分かります。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

大手がスマホ会社はiPhone推しの事実

iPhoneは人気があるのはもちろん。
大手三社が、競って販売件数を増やしているとのことです。

iPhoneは独自に各スマホ会社と年間販売数で契約しているからです。
これが守れなければ、将来新しい端末を卸してくれない可能性も否定できません。

そのため、どうしても売り込むのはアイフォンになる傾向が強くなり、
アンドロイドは、消極的になるようです。

格安スマホは、安価なAndroidが多い

今流行の格安SIMやスマホは、ほとんどがAndroidです。
iPhoneは、値段が高い傾向にあります。

SIMフリーiPhoneは、8万円9万円の世界です。
一方SIMフリーAndroidは、5,000円・10,000円~という価格設定です。

しかも、格安SIMとセットで売る会社もありません。
実際に、買うとしたら安いアンドロイド端末になる人が多いはずです。

オークションや中古品でも高いので
手が出ない人も多いのでは?と思います。




スポンサーリンク

今後は、windows10で流れが変わるのか?

2015年夏には、windows10が出ます。
win10の魅力は、モバイル端末やタブレットとPCが同じ環境で使えることにあります。

そのため、今後はスマホのシェア争いが激化するのでは?と予想できます。