slider
画像が見つかりません。
夏になると、アイスクリームが無性に食べたくなりますね。
私達は、年中アイスを食べたり作る事が出来ます。

アイスクリーム起源_003

ですが、アイスについて詳しく知っている人は多くありません。
[deco_bg image=”postit1″ width=”400″][check_list image=”check1-r”]

  • 大昔の人はアイスをどうやって作っていたの?
  • いつどのように生まれたの?
[/check_list] こんな疑問に答えることは出来ますか?[/deco_bg]

今回はそんなアイスクリーム誕生の秘密について、書いていきます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

大昔のアイスクリームの原点とは?

アイスクリーム起源_004

一番初めに、氷を食べ物として食べたのがローマ皇帝とも中国のフビライハンとも言われていますが詳しくは分かっていません。

アイスクリーム起源_005

日本アイスクリーム協会では
BC100年頃ローマの英雄ジュリアス・シーザーが氷や雪を健康食品としてではなく、嗜好品として求めたのが始まりとあります。
参照:http://www.icecream.or.jp/data/02/history01.html
とありますが、

日本ソフトクリーム協議会では
BC2000年頃に中国で盛んな家畜のミルクを長時間煮てから雪で冷やした氷菓が始まり、シルクロードを渡って、イタリアにマルコポーロが伝えたとあります。
参照:http://www.softcream.org/history_folder/history-1.html
とあります。

どっちらが正しいのか分かりませんが、ローマ(イタリア)が舞台になっているのは確かです。
アイスクリーム起源_006





氷を食べ始めたのが始まり

アイスクリーム起源_007

昔は氷というのは、貴重な物でした。
食糧を長期保存するために使われる事が多かったのですが、
ほとんどの場合、北の大地の山奥から氷を人が運んできていました。

冷蔵庫もなかった事態なので、食べるというよりも冷やすための物というイメージですね。

大変な労力が必要で効果な物でした。

アイスクリーム起源_008

もちろん最初は大きなサイズだったのが、小さくなっていくのはいうまでもありません。
日本でも、平安時代には献上物としての扱いだったのですが、江戸時代には一部の庶民でも手に入っていました。

ですが、それは涼しい地域だけで、南の地方ではとても貴重なもので高かったのです。

なぜここまで労力が必要で高価だったのかというと、作る事が出来なかったからです。
電気がない時代なので当たり前かもしれませんね。

アイスを作り始めたのは16世紀

アイスクリーム起源_009

もっとも、人が氷を作り始めたのが16世紀といわれていますので、かなりの技術が必要だったのです。

始めはホイップや卵を凍らせた物が初めでした。
徐々に改良され今の形になっています。

アイスクリーム起源_010

日本でアイスクリームの販売を始めたのは明治時代です。
牛乳と砂糖、卵で作られているので、無添加で健康にもいい食べ物ですね。

今はいつでも冷凍庫から取り出せるので、便利になったものですね。