ついで買い_001

無駄な買い物に多いのがついで買いです。

刺身を買おうと思って売り場に行くと、その横でステーキが半額で売られている。

あるいは、果物の詰め合わせかもしれません。
この時あなたならどうしますか?

刺身にこだわらっていないのであれば、半額のステーキかもしれません。
あるいは両方でしょうか?

どちらにしろ、ついで買いは止められる物ではありません。
節約しようと思っていても、ついで買いがなかなか止まらないときはありますよね。

では、どうすればいいのでしょう?
今回は、「ついで買いを無くす方法」を考えてみましょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ついで買いに悩むのは大半が女性

ついで買い2_002

女性は、シチュエーションや状況、今後の予定など、トータルで考えて物事を考える習性があります。
だからこそ、いろんなものに目が行きがちです。

「この商品が欲しい!」と思ったら、それ合わせて他に必要なものはないのかも同時に考えます。

  1. 刺身が欲しい。
  2. でもそれだけでは足りない?

となるのです。

あるいは、刺身といえばわさびも必要と考えるかもしれません。
売り場では、それにあわせたかのように、関連商品が売り場に陳列されています。

女性の心理をうまく利用しています。
これがついで買いの原因とも言われています。

だからこそ、ついで買いは止まらないのです。





男性についで買いが少ない理由

男性は、「これが欲しい!」と思ったら、まっすぐにその商品に向かっていきます。
それこそ脇目も振らずに売り場に行き、その商品を探します。
他の商品は眼中にないのです。

これは、原始時代からの習性だといわれています。
狩に出かけたら、目当ての獲物だけを目指していきます。

目的だけに集中しているので、ついで買いが少ないのです。
逆に言うと柔軟な発想が出ないというときもあります。

こういったものは心理的かつ習性のようなものです。
だからこそついで買いは止められないのです。

決してあなたが悪いだけではないのです。

ついで買いを止めるには?

では、一体どうすればいいのでしょう?
それは、買い物をする目的(商品)を決めることです。

刺身を買うなら刺身だけを買う。
または、「刺身を買う」という考えではなく、夕飯を1品買うでもいいかもしれません。
それともうひとつ、「使える金額をあらかじめ決めること」を付け加えるととてもよくなります。

あらかじめ目的を考え、金額を決めることで、それ以上にならないように考えれば節約できます。
だからこそ、チラシを見ながら買い物リストを作るのは、「節約には有効」だといわれているのです。

ただし、チラシを無料で配る目的は、ついで買いをしてもらう為です。
相手はプロ級の販売心理を使っています。
「ついで買いしてしまうのが当たり前」と考えても、過言ではありません。

罠だと思って買い物をすると、案外ついで買いがなくなるものです。