家賃の未払いを漫画で説明_001

一人暮らしになると、ついつい浪費しがちです。
自由になったと思っていても、自己管理をしなくてはいけません。

お金が足りない場合、真っ先に思い浮かぶのが、
食費の節約と家賃の滞納です。

スポンサーリンク

家賃を滞納したらどうなる

家賃を滞納したらどうなるかを漫画で説明_002

もし家賃を滞納したらどうなるのでしょう?

  • 取立てが厳しくなった
  • 次の賃貸が見つからなくなった
  • 遅延損害金を取られるようになった

こんなトラブルが起きてしまう可能性がでてきます。
中には、取立てが厳しい会社もあるので、注意をしなくてはいけません。

家賃未払いは即保証会社に報告されます

最近多い保証会社との契約を迫られる人とは

最近多い保証会社との契約を迫られる人を漫画で説明_003

  • 保証人がつけれない人
  • 年収が少ない人
  • 敷金や礼金・保証金がゼロ円の賃貸に入りたい人

これらの場合必ずといっていいほど、
保証会社に加盟する事が条件になっています。

スポンサーリンク

同じ不動産会社でも物件によって必要不要が分かれる

物件によって条件が変わるを漫画で説明

同じ条件なのに物件によって、
保証会社との契約が必要になったり、不要になる事もあります。

どのような基準で必要になるのかは、
賃貸会社によりますのであらかじめ確認しておきましょう。

保証会社との契約を行うと、
保証費用が家賃とは別にかかります。
出来ることなら、負担が軽い物件を探した方が得する形になります。

賃貸保証会社が必要な目的

賃貸保証会社にがある理由を漫画で説明_004

家主さんや賃貸会社にとって、
不利益がないようにするための会社です。

保証会社の主な仕事はこの3つです。

  • 身元保証
  • 家賃の支払い能力があるどうかの審査
  • 家賃未払いの立替

もし家賃の未払いがあれば、即保証会社が負担します。
その負担金を債権として、家賃未払い人に請求する仕組みです。

支払わない期間は利息が付いてしまいますので、
早めに返済する事が大切です。

賃貸保証会社の利用にもお金がかかる

賃貸保証会社にかかる費用を漫画で説明

どうしても保証会社と契約しないといけない場合、
保証料の支払いも念頭に入れなくてはいけません。

保証利用料金→
毎月または、年間家賃の3~4割
保証料金の支払い方法は
前払い制や月々の家賃と同時引き落としなど

賃貸会社によって様々ですので
どのような形になるのかをあらかじめ知っておく必要があります。

家賃の未払いを考えている人の確認事項

もし賃貸契約で保証会社を利用している人は、
家賃未払い情報には注意をしなくてはいけません。

仮に一度でも家賃未払いで立て替えられた場合、
一発で金融ブラックになる事はありませんが、
引っ越した場合、同じ保証会社の審査に通る事が難しくなります。

どの不動産会社が
どの保証会社を使っているのかは
分かりにくい部分があります。

大手会社になると、
系列の不動産会社が多くなり契約できない事も考えられます。
※逆に言うと、不動産会社の審査に受からない人は未払い情報が原因かもしれません。

家賃未払い=今後の賃貸審査が厳しくなる

今後も賃貸契約を考えている人は、
家賃未払いには注意をしなくてはいけません。

安易にその場しのぎに家賃未払いを繰り返すと、
後々契約が出来なくなる恐れもあります。

特に大手不動産会社は、
複数の保証会社と情報を共有している可能性もあります。

その点では注意をする必要があると覚えておきましょう。

賃貸の契約審査と金融ブラックの関係

クレジットの使いすぎや債務整理により、
クレジットカードや信販会社との契約が出来ない方は、
信販会社系列の保証会社と契約が出来ない場合があります。

その理由は信販会社系列の保証会社では、
クレジットカードや銀行との金融取引情報を利用して審査をします。
※家賃未払いの場合は、融資という形になるので

クレジットカードの使い方が荒かったり、
未払いを繰り返すと審査に通らないことになります。

思い当たる節がある方は、
賃貸会社独自の保証会社を利用している会社を選びましょう。

信販系列の保証会社の見分け方

見分け方は簡単で、賃貸会社に確認するとすんなり教えてくれます。

万が一、保証会社の審査が気になるのであれば、
確認することをおすすめします。

税金・節税対策

世界的に不況と呼ばれる現代では、「日常生活の節約」だけではお金はたまりません。

しかし、世の中には便利な節約する制度があるのです。
その一つが、『ふるさと納税』という方法です。
しかし、ふるさと納税は「ちょっとした手続き」が必要になったり、「控除できる金額に制限」があります。
そのような「節税情報」もまとめていますので、合わせてご覧ください。

確定申告書の作り方 記事一覧

確定申告で得するための情報一覧