はさみで切ったカード

三菱東京UFJ銀行のVisaデビットカードを、解約しました。(利用継続3年目になる前月)

デビットカードを解約した理由は、年会費が2年目から1,000円かかるからです。

三菱東京UFJのVisaデビットカードの会員費(1000円/年)が無料になる条件もありますが、条件を満たせませんでした。

三菱東京UFJのVisaデビットカードの年会費が無料になる条件
  • 1年間の利用金額累計が10万円以上
  • 年齢が23歳以下の場合
先生「実」

年会費が無料になる条件もありますが、年間10万円以上の支払いをしないと無料になりません。

先生汗

デビットカードだけで年間10万円の支払いはやっぱり難しいようです。

 

さて、三菱東京UFJVisaデビットカードの解約手続きはどうすればいいのでしょう。

三菱東京UFJVisaデビットカードの解約方法は「2つ」あります。
解約方法によって準備するものも違いますので、チェックしてから考えましょう。

2つの解約方法

  • 電話で解約手続き(約10分)
  • 店舗窓口(支店・本店)で解約手続き(待ち時間あり)

解約前に準備するもの

電話で解約
VISAデビットカード
登録している住所の確認
店舗で解約
本人確認資料
VISAデビットカード
キャッシュカードor通帳
お届け印
先生とぼけ

私が住んでいる県には、三菱東京UFJの支店が中心部に1店舗しかありません。

先生指

ですので、このページでは電話で三菱東京UFJのVisaデビットカードを解約する流れで説明をします。

スポンサーリンク

解約の電話をする前に確認

三菱東京UFJVisa銀行では、デビットカード専用のサポート電話があります。

三菱東京UFJ銀行のVisaデビットカードを解約する電話は「三菱東京UFJVisa銀行 デビットデスク」にかけましょう。

UFJデビットカードのサポート電話番号
公式ページ:VISAデビットのお電話によるお問い合わせ・ご照会先 | 三菱東京UFJ銀行
注意点

電話番号は、変わることがあります。まずは公式ページを確認しましょう。

また、この電話番号は通話料が無料になりません。

chekp

およそ10分かかりますので、固定電話の方が安くなるかもしれません。

 

解約前に準備する物・聞かれること

電話で解約する場合は、下の2つを準備・確認しましょう。

  1. VISAデビットカード:「カードの書かれている番号」「有効期限」を聞かれます。
  2. 登録している住所の確認:「住所」「氏名」「生年月日(西暦)」を聞かれます。

 

デビットカードは手元に準備しておく

オペレーターに「VISAデビットカードの番号」を聞かれます。

※VISAデビットカードの番号とは、支払いに使う「45○○から始まる」カード番号です。

また、デビットカード有効期限も聞かれますので、VISAデビットカード本体がないと解約できません。

 

三菱東京UFJVisa銀行に「登録している住所」を確認

本人確認として、「住所」「氏名」「生年月日」を聞かれます。

「氏名」「生年月日」は間違えないと思いますが、「住所」は大丈夫ですか?

引っ越した方は、現住所に変更しているかを確認しましょう。

chekp

物が届くということはありません。

本人確認をするためのチェック項目としてあるようです。

 

住所は重要(筆者が間違えたら・・・)

先生「実」

私は、うっかり本人確認で住所を間違えました。

先生とぼけ

間違ったところは、最後の番地です。

先生汗

「○○番地の5」を「○○番地の1」といってしまったようです。


電話声

オペレーター「え?『○○番地の1』」ですか?

先生驚

え?えーっと「○○の1」だっけ?

電話声

『○○番地の1』なんですか?

先生汗

あ!そうそう「○○番地の5」でした。スイマセン。

chekp

住所を言う時には、メモを見ながらだと間違えないかな?と思います。(普通は間違えないと思いますが・・・)

 

先生息

電話は緊張するから苦手ですw

スポンサーリンク

電話解約の内容(通話時間:約9分30秒)

UFJデビットカードのサポート電話番号
公式ページ:VISAデビットのお電話によるお問い合わせ・ご照会先 | 三菱東京UFJ銀行

電話内容は、下の順序で進行します。

  1. ガイダンス(自動音声案内)が流れる

    内容は「プッシュ回線にすること」や「サービス番号の説明」が流れます。

  2. オペレーターに電話を中継します・・・

    筆者の場合はすぐつながりました。

  3. デビット解約という

    サービス番号「2番」には明細確認なども含まれていますので「デビットカードの解約」と伝えましょう。

  4. 解約するカードの情報を聞かれます

    デビット番号:カードに記載されている「45○○」から始まる番号
    有効期限:デビットカードの有効期限(▲▲/■■の数字をそのまま)

    三菱東京UFJ銀行デビットカードの見本
    画像:VISAデビットの国内・海外・ネットショッピングでの使い方 | 三菱東京UFJ銀行より
  5. 本人確認として聞かれます。

    本人確認:「氏名(フルネーム)」「生年月日(西暦)」「住所(登録している住所)」

  6. 本人確認ができれば解約手続きが完了

    次に注意事項を説明しますので、聞き逃すことがないようにしましょう。

  7. 注意事項と質問の受付

    まずは、オペレーターが今後の流れ・注意事項を説明します(後述)。その後、質問があれば聞くことができます。(人が受け答えしていますので、イレギュラーな質問でも、話の途中に割り込んでも大丈夫です。)

  8. 質問がなければ終わりです。

オペレーターが話した「手続き後の流れ・注意事項」

解約手続きが完了すると、オペレーターが「今後の流れ」や「注意事項」を4つ話します。

聞き逃さなくても、忘れてしまうこともあるかと思います。なのでここに書いておきます。

オペレーターが話した「今後の流れ」や「注意事項」の内容

  • デビットカードは2~3営業日で使えなくなります。
  • 引き落とし払いに登録していたら変更しておいてください。
  • カードに支払い請求がくれば、引き落としはされます。
  • カードは、IC部分を「はさみで切って処分」してください。

 

chekp

これらの内容は、忘れずに実行しましょう。

特に支払い情報にUFJデビットカードを登録していらっしゃるなら、他のカードに変更しましょう。

 

デビットカードを解約したら「はさみを入れて処分」しよう

カードを捨てる時は、細かく切り刻みましょう。

デビットカードは、解約してもICチップなどが生きている場合もあります。

IC部分や磁気部分は細かく寸断してください。

悪い人に見つかってしまえば、つなぎ合わせて悪いことに使われることがあります。

 

デビットカード解約後も口座・キャッシュカードは使える

今回の電話では、デビットカードだけの解約です。

銀行口座やキャッシュカード(赤色?)は使えます。

※筆者の三菱東京UFJ銀行のデビットカードは、キャッシュカードと別々です。

ですので、一体型のカードではないため多少違いますのでご注意ください。(一体型があるかはわかりませんが・・・)

 

最後に:銀行系デビットカードが続々登場 見直しも必要

実は最近デビットカードを自社喝取カードに導入する銀行が増えています。

もちろん取り扱っている国際ブランドのが増えています。

デビットカードは、前もって入金しないといけないため、預金が増えるからかもしれません。

また、ポイントバックという形で、還元することでアピールする銀行も多く意外とお得な可能性があり案す。

 

ATM手数料や利便性も含めて、定期的に見直しすることをおすすめします。

 

三菱東京UFJ銀行のVisaデビットカードを解約した理由

今回私が「三菱東京UFJ銀行のVisaデビットカード」を解約した理由は2つあります。

  • ATMの入金手数料がかかる
  • キャッシュバック

1つは、入金するのにお金がかかるという点です。

三菱東京UFJ銀行は他行ATMからの入金で1取引で108円取ります。

また、還元率も使用した金額の0.2%と低いです。

もちろん三菱東京UFJ銀行のVisaデビットカードは便利です。

UFJVisaデビットカードは、キャッシュバックの手続きは不要な点がいいですね。

また、初回発行は年会費無料・条件付きで1500円もらえます。初めて発行する方には大きなメリットがあるカードといえます。

三菱東京UFJ銀行デビットカードの初回限定特典
画像:三菱東京UFJ銀行より

年会費も23歳以下までは無条件で無料ですので、大学生以下ならかなりいいのではないでしょうか。

 

他行デビットカードのキャッシュバック率一覧

しかし、キャッシュバックそのものを見ると「他行のカードより還元率が少ない」です。

  • 楽天銀行デビットカード:100円ごとに1ポイント(1ポイント=1円相当のため、実質1%)
  • SBIネット銀行:1000円ごとに0.6%
  • ジャパンネット銀行:500円につき1JNBスター(1JNBスター=1円相当のため実質0.2%)
  • セブン銀行:セブンイレブンの買い物1.5%、7&アイグループ内1%、他JCB加盟店0.5%

 

このようにみると、UFJ銀行デビットカードの還元率は少ないといえます。

 

利便性・お得度を合わせて選びましょう。

また、三菱東京UFJ銀行デビットカードの解約手数料は無料ですので、1500円をもらってから解約してもいいかもしれませんね。

カードに関する記事一覧

 

デビットカード関連記事

Edyの関連記事

 

プリペイドカードの関連記事

 

防犯・セキュリティ対策の関連記事