プリンタ維持費高いよね_001
最近は簡単に使えるプリンターが多くなっています。
スマホの写真が無線LAN経由で簡単に印刷できたり、簡単にはがきをプリントアウトすることも自由自在です。

高性能で、綺麗に仕上がる物まであるので気軽にプリントアウトをしている人も多いようです。

でも、プリンターは決して安くありません。
頻繁に消費すると、年に何度も買えないといけないという場合もでてきます。

それに、激安インクを使っていると思わぬ不具合になってしまうケースもあります。
しかも、安いプリンターはインクのカートリッジがとても高いです。
何度も買い換えるのは経済的にもよくありません。

では、一体どうやって節約すればいいのでしょう。

スポンサーリンク

使用頻度を考える

使わないなら買わない_001

もし、年に1~2回しか使わないならわざわざプリンターを買う必要はありません。
なぜなら、コンビニで簡単にプリントアウト出来るからです。^^

メモリーカード(SDカード)だけでなく、USBメモリでプリントアウトできるようになっています。
ワードやPDF、それに写真まで、ほとんどのデータがタッチパネルで選択、プリントアウトができます。

それに、家庭の格安コピー機よりも高画質な印刷が出来る上にメンテナンスも一切不要です。
価格は1枚白黒10円~、カラーコピー50円~とちょっと高めです。

あまり使わないけれどプリンターを買いたいなら

どうしても買う_001

メーカーによってインクカートリッジの持ちが違います。
長期間放置をしていると、インクが使えなくなっていたという経験があります。

そんな事にならないためには、プリンターの設置場所を考える必要があります。
乾燥しやすい部屋や、直射日光をさけ高温になりやすい場所を選ぶべきです。

その他にも定期的に利用する事が大切です。

スポンサーリンク

白黒(モノクロ)専用プリンタにする

モノクロプリンタ_001

もし、写真の印刷をしないのであれば、モノクロ専用プリンタをおすすめします。
モノクロ印刷なら、黒インクだけなので安くなります。
※黒のインクが一番安いんです。^^

カラーコピーにすると、インク代が比較的高くなってしまいます。
中には全色一気に交換しないといけないカートリッジしかないプリンタもあります。

そういったものを買わないようにすると、インクが無駄になりません。

プリンター電源のON/OFFを頻繁にしない

電源ONOFF慎重に_001

プリンターの電源をONにすると、「ウイ~ン、ガタッ、ゴトッ」と音がしませんか?
あれは、クリーニングといってカートリッジの調整や動作を確認しています。

実はあの時にインクを消費しています。^^;

電源をONにするたびに自動で行う行うため、何度も使うなら電源は入れっぱなしにしておくとインクを節約できます。

このように様々な節約する方法はあります。
1個数千円のカートリッジですから、選ぶ時は慎重に行いましょう。

これからプリンターを買うなら、本体価格に惑わされずにインクの値段で考える事が大切です。

税金・節税対策の関連記事

世界的に不況と呼ばれる現代では、「日常生活の節約」だけではお金はたまりません。

しかし、世の中には便利な節約する制度があるのです。
その一つが、『ふるさと納税』という方法です。
しかし、ふるさと納税は「ちょっとした手続き」が必要になったり、「控除できる金額に制限」があります。
そのような「節税情報」もまとめていますので、合わせてご覧ください。

確定申告書の作り方 記事一覧

確定申告で得するための情報一覧

女生徒驚

もう夏なんだね

先生笑

また、暑い時期が来るわね。

女生徒納得

冷房を付ければへっちゃらだよ。

先生驚

冷房の付けすぎもよくないわよ!

先生汗

電気代もかかるし、健康にも良くないわよ!?

女生徒ため息

わかったよ。

節電

また、エアコンを使う季節です。
「節電」の話もあわせてご覧ください。

先生息

節約しなきゃ~

節約するのは、なにも電力だけではありませんよね。